清里へお出かけする(笑)

DSCN7033.jpg

 平日休を利用して清里へS660を駆りました。

 実は朝、自宅の草むしりをして「ふと思い立って即実行」したのですが、こんな風に「何となく思い立って即出掛けられる」のはまさに「カッペの特権」のひとつと言えるでしょう(笑)
 とか言いつつ実を言いますと清里の駅周辺に出かけるのは10年近く前にレイアウトのロケハンで一度覗いた時以来です。
 (レイアウトの「竹取坂」の街並みのセッティングなどではそれなりに参考にさせて頂きました)

 清里と言う土地の雰囲気が私の生活スタイルとあまりに乖離している気がして、それ以来二の足を踏んでいたのですがそんな所へ再び出かける気にさせるのはまったくS660の御利益のひとつと言えます。

 納車以来二回に一回の割合でオープンで遠出しているS660ですが、真夏から彼岸までの時期はオープンにしていてもくそ暑かったこと!
 ですが10月も半ば近い気候になってようやくオープンがフルに楽しめる時期になった事を実感します。しかも行き先は八ヶ岳の麓の高原ですし。
IMG_0850-photo.jpg

 オープンの頭上はまさに澄み切った秋の空!
 これだけでもここに来た甲斐があったというものです。
 交通量も少ないですしスポーツカーでのんびり流すには良い所と感じました。
DSCN7026.jpg
DSCN7029.jpg

 今回出掛けたのは駅の周辺と清泉寮の二か所。観光客が全くいない訳ではないのですが、平日の朝と言う時間帯だけにいずれも人通りもなくのんびりしたものです。
 日曜日や祝日にこういうノリは期待しにくいので次回以降も清里に行くなら平日の朝を狙いたいところです。
 (子供が承知しないな汗)

 駅前の街並みはまさに「観光地そのもの」しかも開店前なのか平日はやっていないのか不思議に静かです。
DSCN7041.jpg


DSCN7048_2016101220555329e.jpg
DSCN7047.jpg
 
 次に行ったのが「清泉寮」
 ここは初めて行きましたが、見るからに「トカイから遊びに来ました」と言う風情の観光客が目立ちます。
 それに合わせたかのように周囲の雰囲気は高原、それもヨーロッパかどこかの山の中みたいな雰囲気ではあります(なんというボキャブラリーの無さか汗)

 駐車場にいるのは外車のセダンか地元っぽいハイエースやプロボックスのどちらかと言う感じで二極化していました。
 前者の場合登山服姿か車で犬を連れてきているかのどちらか。私の地元ではまず見られないライフスタイルではあります。

DSCN7052_2016101220581943c.jpg

 そういえば今回清里で見かけたスポーツカーと言えば近くの駐車場にいたバルケッタ位の物でしょうか。
 
DSCN7038.jpg

 カッペの私がそんなところにまで来てやった事と言えば
 「400円のソフトクリームを食べただけ」
 本当にそれだけです。
 お土産も買わず食事もせず実質の滞在時間は1時間もなく速攻で帰宅しました。



 で、帰宅後は清里の印象に当てられつつ「朝むしった雑草をごみ袋に詰める」事に午後を費やしたりします。
 こうしてカッペの平日休は過ぎてゆくのでした(汗)

 ところで清里とくれば鉄道ファンには「C56」と「ハイブリッド列車」ではないかと思いますがそれらの関連についてはメインブログで書くつもりでいます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント