S660でホリデードライブ

IMG_0596-photo.jpg

 納車からこのかた日曜日や平日休を見つけてはS660をあちこちに引っ張り出しています。
 先日は白州の道の駅まで往復してきました。
 実はここまでの往復の国道20号は過去、エスティマハイブリッドで20キロ越えの燃費を叩きだした所なので燃料の残り少ないS660にも同様の効果を期待した物だったりします。
IMG_0599-photo.jpg

 私の現住地はほぼ全県がS660のテストコースでできていると言っても良い様なところがあり、試していない峠道やワインディングロードには無尽蔵と言って良いくらいに恵まれています。
 そのなかには普通車ではすれ違いが出来ない位の林道一歩手前みたいなところもあり、軽スポーツカーには嬉しいところです。
IMG_0605-photo.jpg
IMG_0606-photo.jpg

 しかもそれらのコースの殆どが「思い立ったらすぐ行ける」くらいの手頃な距離にあるのがまた有難い。
 目的地で軽くコーヒーでもやれるくらいの小銭があればどこにでも日帰りできます。
 特に「オープン時には全く荷物が載らない」S660の欠点すらある程度カバーできるわけです。

 事実、これで出かける時は目的地で何かするという事はあまり考えません。
 正に「乗るために乗る」と言ったノリに近いお出かけになります。
 (ひとりなら助手席にリュックか買い物かごくらいは載せられますが)
DSCN6816_20161022214305e27.jpg

 オープン状態で田舎道を走る時のS660はまさに「走るアミューズメントパーク」
 頭上は青天井、地面は尻のすぐ下と言う近さ。
 これだけで非日常感は全開状態です。

 そこへ持ってきてギアチェンジは(うまい下手を問わなければ)懐の深いミッションと足回りに支えられて積極的にダブルクラッチをしたくなる楽しさです。
 そしてそれがたまにうまく行くとつい口元がにやけてしまう(爆)
 別に速くなくてもこれだけでS660を選んだ甲斐があります。

 普通に乗っていても曲がる時の楽しさは体感できますしそれが時速30キロくらいでもしっかり実感できるのはS660の人徳みたいな部分です。
 がらりと空いた早朝の駐車場で定常円旋回を繰り返せば速度にもよりますが横Gは簡単に0.7から1G近く行きます。

 先日は近場で時速60キロからのフルブレーキテスト(これは私が新車を買う度に必ずやる儀式です)をやってみましたが、ABSが付いているのに異様なほど制動距離が短いのには驚きました。
 しかも車勢はほとんど変わらない。
 S660は制動能力も軽自動車離れしています。私の車歴でこれに近いのはメルセデスのA160くらいでしょうか。
 これよりはるかに馬力があって速かったYRVターボやGT-XXでもこれほどの安定性はありませんでした。

 同じ事は乗っている時の剛性感についても言え、頭上が開いているとは思えない位にがっしりしています。
 特にハイト軽だと大なり小なりカーブではどこかしらにきしみを感じる事が多いのですがまるでそれがない。

 アンダーパワーなN-BOX用エンジン改に対してこれほどしっかりしたシャシが与えられているのですから、軽自動車とは思えない安心感があります。
 ドアを閉める時の「ボスッ」と言う音もメルセデス並みの重厚感(但しAクラスですがw)
 軽どころかHONDA車離れしている所すらあります。
 意外だったのはステレオの音質の良さ。
 スピーカーにコストがかかっている様には見えませんでしたから、これは低い着座位置のおかげで相対的にスピーカー位置が高くなっている事が関係していそうです。
 後方からのエンジン音が喧しいのは確かですが、街乗りでラジオが聴けないほど五月蠅い訳ではありません。
DSCN6787_20161022214713d1b.jpg

 ステレオと言えばS660ではUSBメモリーに録音したMP3で音楽を聴いています。
 これが拾い物で、曲名やアルバム名がセンターディスプレイに表示されるのみならず、フォルダごとの選択再生やランダム、リピートと普通のCDステレオ並みの機能性を持っていました。
 曲目選択もステアリングスイッチで大概操作できます。
 これは試乗時には分からなかっただけに嬉しい誤算でした。
 試していませんがMR車に合わせてか「速度対応型ボリュームコントロール」と言う機能も付いてはいるそうです。

 尤も、一人で乗る時はステレオもラジオも聴かないでエンジンと遊んでいますからあまり影響ないとも言えるのですが。

 燃費は一回目の給油で16.75キロ~19キロ(前者はインターナビの車計簿、後者は積算燃費計によるもの)
 走行の8割が二名乗車でエアコンをガシガシに効かせた状態での数値でこれなら許容範囲と思います。

 とはいえ、デジタル燃料系が12コマ中、残りふたコマで警告ランプがついた時には心底焦りましたが。

 これを走る遊園地と言わずしてなんと呼ぶのか。

 S660の実用性の無さをカバーできるセカンドカー(或いはファーストカー。うちのエスクァイアは「ツートップ」です)を持てればS660の真価は大いに実感できます。
 いや、むしろそうあるべきでしょう。

 1台でスポーツ走行が出来て荷物も載って、4人乗れてなんてクルマは一見万能に見えますが、必ずどこかに中途半端な所か無理をしたところが出てくるものです。
 それらのしわ寄せが最も集まるのが感覚的な部分といえます。

 (その典型が2プラス2のスポーティカーと思います。いくらいざと言う時用とは言ってもそのいざと言う時を経験した人は大概、次にはその車には乗りたがらなくなってしまうでしょう。そこまで行かないにしても、5人乗りのスポーツセダンに5人乗って運転手以外で楽しい人が何人いる事やら)

 S660にはそうした無理をしたところがまるで感じられないのです。
 何から何まで走りのアミューズメントに徹しきるためのプラットホームが起こされ、タイヤが専用開発され、ボディがデザインされ、それに余計なものを何も足していない。
 そこがS660の潔さと思います。
 強いて言えばエンジンだけは惜しい気がしますが、これだって作り手の努力が見えるくらいのアミューズメント性はあります。

 ですから、一見ネガな要素が多そうに見えるのに実際に乗ってみれば意外と楽しい。
 不便が多いのに「我慢」させられる印象が不思議にないのです。
DSCN6819.jpg

 考えてみればこれは当然の事です。
 誰も「遊園地に我慢しに行きませんから」

 この豊かさは文章で表現するのが難しい所です。
 だから車雑誌や専門書ではなかなかこの点について書かれないのではないでしょうか。
 DSCN6788_20161022214631a48.jpg


 少なくとも私にとってはS660は「遊園地いらず」の存在になりつつあります。
 尤もディズニーランドと言うより富士急ハイランドか長島スパーランドに近いノリかもしれないですが。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント