絶版名車のTAセリカ

 今回はミニカー話。コナミの絶版名車からTA型の二代目セリカをば。

DSCN7114_2016102723081772e.jpg
 
 78年頃にそれまで大人気だったダルマセリカの後継として登場したTA系はアメリカ市場をかなり意識したバタ臭いデザインで登場しました。
 特にトミカでもモデル化されたリフトバックなどはデザインこそ先代よりも流麗だったもののあまり速そうに見えない雰囲気に違和感を覚えたのが思い出されます。
DSCN7113_201610272308183cc.jpg

 今回絶版名車で入手したクーペ仕様はリフトバックよりも幾分わかりやすいデザインでフロントエンドの処理に先代の面影が残っている分馴染み易かったクルマでした。
 (同じ頃にモデルチェンジしたジャパン系スカイラインはエッジの効いたデザインで差をつけた形になります)

 今回入手できたモデルのボディカラーは赤
 やはりスペシャリティカーは赤が似合うくらいでないとピンときません。
 この代のセリカにあまり思い入れがないせいか前回紹介のソアラやプレリュードに比べると造形の印象は良く出来ていると感じます。
 (思い入れがあり過ぎると些細な欠点も増強されやすいですし)
DSCN7115_20161027230816352.jpg

 ただ惜しいのはリアエンド、殊にテールランプ周りの造形がややぼってりしすぎた事。
 パッと見では同年代のマツダカペラに似てしまい、セリカに見えないのはちょっと困り物です。


 TA系は後に6気筒エンジンを搭載した「XX」のシリーズが追加、当時珍しかった「角目4灯のヘッドライト」で異彩を放ちます。
 次代の3代目で明確にXX系と4気筒系が差別化、4代目に至っては4気筒系がFF、6気筒系がFRのスープラとなり初代セリカと比べて同じ出自だったとは思えないほどの変わりようを見せます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント