超高層ビルに圧倒される(大汗)

IMG_1067-photo.jpg

 先日紹介した「全自動セレナ」に乗って出かけた先は都内の研修会でした。
 いつもだと秋葉原にほど近い一角なのですが今回は芝方面という事でいつもと違う街並みを眺められました。
 

 場所が割合に街中なのでビルが多いのですが、田舎ではまず見られない高層ビルの連なりが結構新鮮に感じます。
 秋葉原や銀座ではついぞそんな事を感じなかったのですが、他の地域よりも超高層ビルの比率が高いのかもしれません。
 又、そうさせるくらいに綺麗な秋空だというのも関係しているかも。
IMG_1057-photo.jpg
IMG_1064-photo.jpg
IMG_1063-photo.jpg

 全くどちらを向いてもビル、ビル、ビル
 まるで町全体が幾何学的な構造物だけで成り立っている様な感じすらします。
IMG_1072-photo.jpg

そんなビルの谷底みたいな所でもよく見るとこういうローカルと言うかレトロと言うかの建物なんかを見かけると少なからずほっとします。
IMG_1075-photo.jpg

 帰途ではこれまた久しぶりに「霞が関ビル」を見つけました。
 これが建った当時は日本で唯一の超高層ビルで私も子供の頃に36階の展望台に連れて行ってもらった事があります。確か35階はレストランで歌番組の会場になっていた事もあった記憶があります。

 当時は36階建てでも周囲を睥睨する存在感を見せていた建物でしたが、それは今では周囲の高層ビルに埋没して「どこにでもありそうなただのビル」になってしまった感があります。
 まあ、最近は地方でも政令指定都市クラスならこれ位の高さのビルのひとつやふたつ建っていそうですが。

 そう言えば小学生くらいの時に読んだSF小説の中で「近未来の東京は超高層ビル街が立ち並び、霞が関ビルが小さく見える」なんて描写があったのを思い出しました。
 まさにSFそのまんまの未来像が現出したかと思うと凄い話ではあります。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

霞が関ビル

 私も毎日、超高層ビル群を見ていますが時折これでいいのか東京と感じることもあります。
例えば駅から至近でもイザ行くとビルの〇〇階の〇号とか時間が掛かる事掛かる事(苦笑)
霞が関ビルと言うと私達の世代だとリアルタイムで日本初の超高層ビルで特撮でもウルトラマンのシーボーズ(飛ぼうとして落下)、
MJでも出ましたし怪獣総進撃でもキラアーク円盤に破壊される役で登場と、やはり東京タワーに次ぐアイテムだった事も伺えます。
そして「超高層のあけぼの」東映作品でありながら池部を始めとする東宝特撮陣と東映特撮常連者の組み合わせが泣かせてくれます。
で霞が関ビルの模型って発売されていた事実があります。
プラモデルで!恐らく東京タワーそして城シリーズの流れで販売企画された物と思われますが今の様に外国を含めキャラ物が少ない
関係で乗り物以外のプラモも地味ながら商品化された背景に当時は、日本初だぞ!凄いぞ!
とイケイケ的な日本の経済状況も垣間見れます(笑)
私も空き箱を利用して幼稚園の頃に霞が関ビルらしき物?を作りました!
当時はアポロが月へ行った時期と重なりチャンネルを捻れば怪獣と・・・トンデモ日本でした(笑)

No title

>星川航空整備部さん

 霞が関ビルのプラモデルはおぼろげに記憶があります。組み立てる分にはどこから見てもただの箱なのにあれが欲しかったですね。

 私個人ではあの頃の印象としては「霞が関ビル」=「キイハンターのOP」が一番強かったですね(笑)
 あと「ザ・ガードマン」のOP最後にも霞が関ビルの夜景が出ていましたし、特撮に限らずあらゆるドラマで「現代の象徴」みたいな扱いだったのが思い出深いです。
 (余談ですがザ・ガードマンの続編的な「シークレット部隊」のOPのランドマークは貿易センタービルになっていましたw)

 ずっと後になってからですが中丸忠雄主演のドラマで「37階の男」と言うのを見た事があります。タイトルの通り霞が関ビルに住んでいる流行作家が主人公なのですが
 「東京にそびえる東洋一の36階建てのビルに住んでいるこの男、常に人より一つ上の事を考えている。つまり37階の男である」と言うナレーション(家弓家正)にも思いっきり時代の空気を感じましたね。