S660で都内を走る・渋滞にはまる(笑)

 先日の上京のはなしの続きです。
DSCN7328.jpg


「晴れた冬の日のオープンエアモータリング」は病み付きになりそうなほどの魅力があることまでは認識しましたが、では都会につきものの渋滞中はどうなのか。
DSCN7331.jpg

 こういう条件ではS660の動力性能でも過不足はありません。
(S660はメーター読み130キロ前後でリミッターが作動しますが違反切符以前に「平日昼間の都内のどこにそんなスピードの出せるところがあるのか」w)

 帰途はICまで一般道を使いました。
 甲州街道は大概いつ行ってもどこかで詰まっているものですが今回は比較的流れている方でした。
DSCN7329.jpg

 とはいえ渋滞中に「周囲が壁」というのはやはり堪えます。
 しかも3車線以上の道ではナビなしではどこで車線変更すれば高速の入り口に行けるのかがとっさに解りません。
 この点では着座位置が高く視界の広いミニバンの方が圧倒的に有利です。

 やはりS660は本来こういう道を走るようには出来ていません。

 ですが苦痛を感じるのはそこだけ。
 MTの切り替えの繰り返しは確かに多くて疲れるのですが心理的には負担を感じなかったのは意外でした。
 これもS660にほれ込んでしまったからなのでしょうか(笑)
DSCN7334.jpg

 調布から先はS660の威力が最大限に発揮される高速と峠道。
 ここまで来るとまるで生き返ったかのように生き生きと走ってくれます。

 ここからは余談

 全行程往復約200キロ、しかも都心をそれなりに流していた筈なのにS660は勿論、現行コペンやアルトワークスに全く出会わなかったのは意外でした。
 軽のスポーツカーやスペシャリティカーは東京人には好まれないのかもしれません(笑)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント