カーコレ80のパトカーコンボイ(笑)

DSCN7409.jpg
DSCN7418.jpg

 先日の静岡行きの戦利品から。

 ポポンデッタが新幹線のある駅ビルにあると言うのは個人的にはかなり嬉しいロケーションではあります。
 店内も東京ほど忙しない雰囲気もないですし、何より駅ビルだけに「帰りがけに昼ご飯を食べて帰れる」というのが有難いです。

 ですがそこで買って来たものが鉄道模型でなくミニカーばかりと言うのがなんですが(汗)
DSCN7410.jpg

 今回入手できたのはカーコレ80のスカイライン3台。
 それもどれもこれもが「パトカーばかり」というのが何ともですが東京の中古ショップでは一時にパトカーが3台も買えるという事はまずなかったですからこれだけでも有難いです。
DSCN7413.jpg

 ハコスカのバン、ケンメリとジャパンのセダンがベース車ですが、トミカよりやや小さめのサイズでありながらプラゆえの造形のシャープさがものを言います。
 特にケンメリのパトカーはパートⅡ以降の西部警察の顔みたいな存在ですから、嬉しさもひとしおと言うところです。
DSCN7414.jpg

 ホクホク顔で帰宅して並べてみて気付きました。
 カーコレ80ではこれ以前にもクラウンバン、R30バン、それにジャパンの覆面車なども既に持っていたのですが、今回のも加えると
 「16番スケールでパトカーコンボイができる」位の数になっていた事に唖然としました。
DSCN7419.jpg

 トミカやNゲージスケールのカーコレでも結構パトカー好きではあるのですが、まさかこれがHOサイズにまで波及しようとは。
 尤も、半分はバンなのですが。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なるほど

 やはり駅構内で何か食べれる場所は高得点ですね。
私も同様でマズは腹ごしらえプラス迅速な移動の出来る所優先です。
実車でもケンメリパトは赤色灯と横ランプ搭載車が混在して今思ってみれば古き良き時代(笑)
光山市交通局さんが書くのを待ってから書こうと思いましたが、ここで書きます!
MX放送中のセブンですが初回からトミカリミテッドビンテージの世界爆発です(笑)
特にメトロン星人の回では30セドタクシー、クラウンMS40パトとタクシー~ビンテージでは東宝名車座シリーズ出ていますが大冒険
バージョンはガラモンの逆襲バージョンにもなります。
更に加えるとゴーガの像でも出た車たちで意外とトミカサイドは円谷シリーズもリサーチしてモデル化している可能性ありです。
第一期円谷シリーズではギャンゴの回でセド130が初登場していますがQ~怪奇までを通して観ると意外と130の登場回は少なくセブン
のガッツ星人とノンマルトで使用された位で円谷=セドと言うと30タイプがメインの気がします。
しかしギャンゴで使用されたセド130は初期タイプでリアにメッキ部が無く六角型ランプが付いた65年型です。
科学センターに突っ込むシーンのミニチュアは当時売られていた三共プラシリーズと思われます。
さて今年も熱ぽっく?コメしましたが今回の書き込みで2016年度は最後としますので来年も宜しくお願いします。

No title

>星川航空整備部さん

 駅ビル内にポポンデッタと言うのは私の行動範囲では他に新宿駅のそれがありますが駅ビル(というか京王百貨店)は広すぎて持て余しがちです。個人的には静岡くらいのサイズが買い物にはちょうどいいですね。店の脇の吹き抜け広場では弁当も食べられるらしく他のお客が何人も弁当をぱくついているのが印象的でした。それでテツドウモケイまで買えてしまうのだから凄い所です(笑)

 ウルトラセブンも久しぶりに再見していますがウルトラマンやブースカ同様にブログに纏めるには膨大な情報量で難渋しています。
 が、来年こそは他の2作と共に何らかの形で感想を上げてみる積りですのでよろしくお願いします。

 それではよいお年を!

後期TI白パト

管理人さん、こんばんは・メリークリスマス。

>≧特にケンメリのパトカーはパートⅡ以降の西部警察の顔みたいな存在ですから、嬉しさもひとしおと言うところです。

>ケンメリのパトカー、確かに西部警察ではPARTⅡ以降スタント用の劇用車として活躍した印象が強いですね。後にPARTIIIのオープニングを飾るPARTII北海道ロケの大ジャンプシーンやPARTⅢ鹿児島ロケで舘ひろしさん演じるハトが細菌兵器を盗んだテロリストのアジトの前に乗り付ける場面を思い出しました。

ケンメリのパトカーといえば、西部警察PARTⅢと同時期に日本テレビで放映された「事件記者チャボ」という水谷豊さんのドラマにも一灯式パトライトを装備したケンメリ白パトが出ていたと思いますが、日本でロケをした日本未公開のアメリカ映画「ロボフレンド」にも「東京警察」表記で丸形の横置きパトライトを装備したケンメリの白パトが出てきてアメリカ人の少女とロボットが乗ったジープを追跡するも、赤信号で急停車したジープに驚いた白パトが横転する…という場面があるそうです。

TIジャパン後期の白パトも劇用車の白パトにありそうな雰囲気を感じるチョイスですが、「特警ウィンスペクター」の「命を運ぶ泥棒」と言う回のファーストシーンでTIジャパン後期の白パトが緊走するシーンがあったを思い出しました。

No title

>時間ですよ、しんこちゃんたびたび さん

 84年以降の時期は西部警察以外でもケンメリパトカーの出番は多いですね。
 私が印象的なのは中村雅俊主演の「俺はおまわりくん」というヒラ巡査主演の派出所ものコメディでコメディリリーフの警官二人の乗ったケンメリパトカーが「住宅地の路地でトラック越えの大ジャンプをやらかした」カットでした。

 普通のホームドラマでこういう派手なカースタントが出ていたのですから西部警察の影響恐るべしです。

 TIジャパン後期形のパトカーはウィンスペクターの前番組の「機動刑事ジバン」の劇場版でも視認できます。