(私にとって)非日常のクルマたちとS660

 先日S660の兄貴分にも当たる新型NSXが発表となりました。 
  そのNSXが展示されていたディーラーのフェアに行き私も新型NSXをじかに見る事ができました。

IMG_1197-photo.jpg
IMG_1199-photo.jpg


 あわよくば試乗でもできればとか思ったのですが試乗どころか「遠巻きに眺めて写真を撮るしかない」と言うモーターショー状態。

 ですがクルマのでかさだけはよくわかりました。

 個人的には初期型NSXの妙に間延びしたフェラーリみたいなフォルムと細部の造形はあまり好きでなく(フェイスリフトした後期形は大好きなのに)当初は今回の二代目もそれほど期待していなかったのですが、こちらは悪くありません。
 ぐるりと一回りしても隙のない造形で(どこかで見た様な感はあるにせよ)最近のホンダ車の中では割合よくまとまっている感じがします。

 ですがこれ一台でうちの近所なら「建売住宅が2軒は買えそう」な値付けとあまりにも大陸的なサイズ(特に横幅)は自分がステアリングを握る車としては明らかに向いていない事も実感します。

 実はこの会場に向かう途中で幅が二メートルもないクランク連続の路地を通ってきたのですが、こんな所をすいすい行ける現行型のスポーツカーはS660かコペンくらいでしょう。今でも日本の道路には3ナンバー車を寄せ付けない障壁が意外と数多く残っています。
IMG_1200-photo.jpg

 そして意外な事にNSXの回りの人だかりはそうでもなく人が多かったのは隣に並んでいたS660.

 まあ、こちらはシートに乗りこめますし試乗車もありましたから「これなら買える」と思った人が寄り集まっている感じでした。

 ただ、その80%くらいが私より年齢が上の男性ばかりでしたが。

 試乗車がCVT仕様だったのであわよくば乗ってみたいと思ったのですがこの時点で2時間待ちという事で(以下略)

IMG_1202-photo.jpg

 こちらは試乗車しかなかった燃料電池車の「クラリティ」
 リースでの対応なので誰でも買えるクルマという訳ではないのですが。
 こちらも2時間待ちで(以下略)

 プリウスよりもぶっ飛んだデザインのボディとプリウスの1.5倍はありそうな図体なのがなんですが、うちの近所で燃料電池車が拝めたというだけでも良しとすべきなのでしょう(笑)

IMG_1209-photo.jpg
IMG_1210-photo.jpg
 帰りに駐車場に戻ると隣にはコペンローブが。
 東京や静岡でもこんな並びは見なかったのに、こういうクルマが買いやすい(あるいは楽しみやすい)環境という事でしょうか。
 こうして見ると同じディメンションでもFFとMRのプロポーションの違いが実感できます。

 ですが、ご丁寧にもどっちのクルマも「帰りはオープン状態で道路に出ていたりします」


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント