2016年を振り返る・S660に彩られた後半

 2016年を振り返る。
IMG_1208-photo_20161229212738b6f.jpg

 このネタの中では真打ち中の真打ちです。
 今年の夏以降の私のホビーはもとよりライフまで変えて見せたインパクトの点ではこれ以上のものはありません。

 勿論その主役は「S660」です。
IMG_0872-photo.jpg

 12月現在でS660の走行距離は優に4000キロに迫ります。
 これ自体大した事が無いと思われるかもしれませんが、この走行距離は「実質休日しか乗っていない数字」なのです。
 
 つまり休日ごとに100キロ単位で走行距離を伸ばしてきた事になる訳です。
 これは私の人生にとってとても凄い事なのです。

 何故なら、鉄道模型を趣味としている事からもお分かりの通りこれまで私のライフスタイルは基本的に「出不精」でしたから。
 いくら田舎暮らしで周囲にS660を楽しめる峠道が無数にあるとは行っても、ここまであちこち飛び回るとは思いませんでした。

 それ位私のカーライフを大きく変えたのがS660でした。

 軽のスポーツカーゆえに荷物なんかほとんど載りませんし人間も最大で二人しか乗らない。
 それどころか馬力は64馬力でパワーウェイトレシオに至ってはエスクァイアのHVすら下回るのです。

 それなのに運転する事がとにかく楽しい。
 峠のつづら折れを時速40キロ程度で曲がっていても「クルマを運転している実感」の楽しさの方がはるかに上回るのです。
 ちょっと長距離を走るとすぐ疲れるのに、降りようとすると「まだまだ乗っていたくなる」麻薬性(笑) 
IMG_0660-photo.jpg

 軽自動車でありながら本格ミッドシップの構成、6速MTと強力無比な4輪ディスクブレーキ。
 更に頭上の解放感抜群のタルガトップまで装備。
 デザインもナンバープレートを見なければ誰も軽と思わない存在感。
 峠はもとより高速道路を流していても軽自動車に乗っている感は皆無の走行性(但しエンジンノイズを除くw)

 そのくせ休日に乗っている限りはコンスタントにリッター20キロをキープして見せる低燃費。

 これらが渾然一体となって空前の軽スポーツとなっているのがS660でした。
IMG_0850-photo_20161229212739c93.jpg

 私の車歴初めてのスポーツカーはあらゆる点で期待を上回るクルマでした。
 前述の走行距離の長さは何よりその証左と思います。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント