スカイラインは赤く塗れ!その2

 先日の上京で入手したトミカから
DSCN7351.jpg

 既に(と言うかとっくの昔に)トミカプレミアムで出ていたR30スカイラインターボRS。
 このタイプは既にTLVでも出ているのですが、スケールが63分の1とやや大きめなのと「ドアが開閉できる」点でそれなりに存在価値のあるモデルです。
DSCN7350_201701232113176db.jpg

 この間紹介したハコスカのGTと一緒に入手したのですが、どちらも真っ赤なボディと言うところが何とも。
 この2台を並べるだけで「即席のスカイライン博物館」が机上に現出したような錯覚を覚えます(笑)
DSCN7342.jpg

 モデルそのものですが窓周りの造形と言うか塗り分けがラフな印象なのと、塗装に一部かすれが見られるのが惜しいですが最初のR30のトミカに比べればずっとスカイラインらしく見えると思います。
DSCN7343.jpg

 ターボRSといえば登場時にはグロスながら当時のソアラの170馬力を上回る190馬力。
 新聞で「史上最強のスカイライン」のキャッチフレーズの全面広告が打たれるほどのインパクトがありました。
 (実は当初は「日本最強」となるはずだったそうですが公正取引委員会だったかのクレームがついて急遽差し替えられたのだとか)
DSCN7345_201701232112193fa.jpg
 R30は後期形でいわゆる「鉄仮面フェイス」になっていかつさが相当に増しましたが個人的には前期型のシャープなルックスが好みだったりします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント