DD13のようなもの

 Nゲージの中古モデルから

 今回紹介するのはKATOのDD13…みたいなものです。
 京葉臨海鉄道のKD55タイプらしいDL。実はパッケージに表記がないので正確な名称は分かりません。
DSCN1828.jpg

 この種の貨物専用鉄道などではDD13の譲渡車やOEM(?)が主力機として活躍する事が多く、カラーリングも国鉄色そのまんまのから今回の様に独自の目立つカラーリングのものまで(自社発注車では微妙にDD13と外形の異なるものもあります)多種多様なようです。

 発売時は色違いの2両一組だったらしいのですがカラーリングが「ハデな方」が売りに出された物と推定されます(笑)
 国鉄色を見なれている世代には違和感を通り越して醜悪にすら感じる向きもある機関車です(実際ネット上での感想では違和感の強さを書いたものが目立ちました)
 が、ここ10年程は鉄コレの登場で「国鉄色やオリジナルカラーとは大きく異なる譲渡車やOEM(?)車」というものが以前ほど抵抗を感じさせなくなっている面も出てきているので元の形態が好みであればそう悪い選択とも思えなくなっています(少なくとも私には)
DSCN1827.jpg

 とはいえ、DD13としてはダントツにハデな外観なのは間違いなく他の人が手を出さなかった気持ちも(何しろ開店後ひと月近く手つかずでした。国鉄色のDD13だったらすぐになくなっていたのではないかと)分からなくもありません。

 走行性はKATOのDD13そのまんまで140Rも楽にクリアできました。黄色いタンク車などとの組み合わせが似合う感じでモジュールのサブエンドレス、或いは「週刊SL~」のレイアウトにはぴったりなDLといえます。
 (ミニカーブ主体のレイアウトでは国鉄色のロコの方が却って不自然な場合もあります)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私も

 私も初めて、このDD13を見ました(笑)
私鉄向けタイプ又はフリーランスに近い形態で造られた製品?
ただ国鉄晩年の1986年~87年にかけては短期的な使用ながら国鉄色とは離れた派手な塗装や逆に茶色塗装に戻しレトロ感を言った
車両も存在したので決して間違った色では無いと思います。
DD13と言うとブルトレブーム初期の1978年頃に塗装済み組み立てキットのプラモデルが出て居ました。
近年は艦船物を中心に塗装済み接着剤不要キットが発売されていますが鉄道系列も同程度の製品が出ても可笑しくないと思います。
ベテランのモデラーからすると面白くないキットかもしれませんが作って直ぐに遊び動かす事ができる製品も必要です(笑)

No title

>星川航空整備部さん

 この手のDD13「タイプ」は完全な国鉄の払い下げや同一車の新規発注物も多いのですが中には路線に合せて微妙にオリジナルとは仕様を変えたものも数多く存在します。

 お蔭で「DD13なんだろうけど、どこか違う」という微妙な違和感がひとつの魅力になってしまうという現象も(笑)恐らくこの手の「DD13もどき」のファンもきっといるに違いありません。

>艦船物を中心に塗装済み接着剤不要キット~
 鉄道模型のスケールモデルではBトレインで上信電鉄の電機が製品化されています。
 これが鉄道模型屋さんには絶対思いつけない構造(基本的に接着剤不要)な上に簡単に仕様違いが作れるという優れものだったのですが、後に続くシリーズが出てこないままです。

 もし未組み立て品が見つかるなら買って損はないモデルと思います。