自転車がデコトラしていた頃・・・

 先日購入した懐かし呑気本から(笑)
DSCN7683.jpg

 モノは「昭和ちびっこ広告大全2」(おおこしたかのぶ ほうとうひろし著 青幻舎刊)
 このシリーズは未来画報とか怪奇画報など、昭和40年代の子供たちの記憶に引っかかる題材を巧みに捉えたシリーズで私の好みにも合致しているのですが、今回の題材は「広告」

 昭和40年代の子供の心を捉えた玩具や文具、お菓子や自転車に至るまで俯瞰して見せたものです。
 勿論広告そのものへの懐かしさもあるのですが、印象としては題材になっている商品懐かしさの方が上回ります(笑)

 玩具では超合金以前に子供たちのステイタスシンボルだった「変身サイボーグ」と「ジャンボマシンダー」を筆頭にいい加減私も忘れかけていたアイテムが様々に取り上げられていてこれだけで酔っ払います。

 そればかりか40年代後半に当時の道路を席巻していた「自転車」にもツボを押されました。
 ここで今の様なロードサイクルみたいなを連想される方が見たらひっくり返ること必至の珍車のオンパレード。
 いや、あの当時はこういうのが半ば当たり前でした。

 その特徴を端的に言うなら「自転車のデコトラ化」

 リアの荷台には高級自動車もかくやという「フラッシャー式ウィンカー」がでんと鎮座
(当時は乾電池駆動だったのでその重さだけでも想像に余りあります)
DSCN7686.jpg
(「昭和ちびっこ広告大全2」(おおこしたかのぶ ほうとうひろし著 青幻舎刊より引用)
 リアばかりかフロントにまでドラムブレーキやディスクブレーキが装備され
 ハンドルにはスピードメータどころか「専用ラジオ」まで付いてくる!

 極めつけは「サドルにフリンジまで付いたアメリカン自転車」まで登場する始末。
DSCN7685.jpg
(「昭和ちびっこ広告大全2」(おおこしたかのぶ ほうとうひろし著 青幻舎刊)
 どう見ても普通の自転車よりも重そうなそれは、今のスポーツサイクルの「高価になるほど軽くなる」のと真逆のコンセプトです。 
 まるでテールフィン全盛期のアメ車かバブルの時の日本車並みの豪華装備が「子供向けの自転車にバンバン付いていた」のだから凄い話です。

 ですが当時の私の様なガキどもにはこういうのがステイタスシンボルだったのも間違いありません。
 当時流行っていたもうひとつのトレンド「鍵の付いた筆箱」と並んで40年代後半のちびっこ風俗の象徴ともいえます。

 因みに当時の私が乗っていた自転車は親が何をどう間違ったのか「花柄の模様がチェーンカバーを飾りヘッドライトにまで花びらがついていた」どっから見ても女児向けにしか見えない代物でした。
 友達とサイクリングに繰り出す時は片や「自転車のソアラ」片や「自転車のアルトラパン」という激烈な落差に顔から火が出る思いでした。
 (この点では未だに親を恨んでいますw)

 何だか自転車のはなしだけで一項書けてしまったので他の商品については次の機会に。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

まさか、40年前にこんな自転車があったとは。

No title

> 光になれ さん

 上述のように自分は持てなかったですが、この手のデコトラ自転車はまさに70年代の仇花でしたね。
 後にも先にも自転車がここまでバブリーだった時代はなかったと思います。

 この頃の自転車のもう一つの潮流は「キャラクター自転車」でしょうね。
 ブリジストンの「ドレミ」がその嚆矢となりましたが「サイクロンのコスプレをした自転車」は相当な大ヒット商品になりまして、上位機種の「ドレミ7」はそのまま劇中でも「少年仮面ライダー隊の専用車」で出ていました。

 このジャンルは80年代以降も続き「波動砲を搭載した宇宙戦艦ヤマト自転車」なんてところまで行きましたね。

当時、乗ってました

はじめまして。
懐かしいですね! デコチャリ、私も乗ってました。本文にもある、後部のデカいウインカー、ディスクブレーキ、前輪の上に前照灯・スピードメーター・ラジオが一体となったボックス搭載の自転車で、「セキネVX GTO」という車種です。自転車を洗いながらラジオを聞くのが「かっこいい」と思っていました。
しかし買って1年後には、振動のため?ラジオは聞えなくなり、ウインカーは乾電池が液漏れを起こして(当時の乾電池はよく液漏れしましたね)、壊れてしまいました。結局、ウインカーは外して単なる荷台にしてしまいました。
自転車そのものはその後も何年か乗っていましたが、中学になって今度はロードサイクルが流行った時に廃車にしました。

No title

>千葉県民さん

 コメントありがとうございます。

 当時の自転車に乗っておられたというのが羨ましいですね。

 当時の玩具なんかもそうでしたが電池で動くモノの故障率は当時は結構高かったですね。言われてみればウィンカーもラジオも振動だけではなく、気候によっては雨ざらしで置かれる事もあったでしょうから故障率も高かったのではないでしょうか。

 今の自転車は電装系はLEDと発電機が主流らしいですがこちらは結構タフですね。