TLVのレガシィRS

d_3710_2_1185971029.jpg
 今回はだいぶ前に買ったTLVのはなしから
 初代のレガシィRSです。

 それまでスバルと言えばレオーネかサンバーと言うイメージだったのを一新する使命を帯びて登場した初代レガシィは、ワゴン人気を追い風に一気にスバルのブランドイメージを高める役割を果たしました。

 その後度重なるモデルチェンジの中で徐々にワゴンからセダンにシフトさせ、現行型ではアウトバック以外のワゴンがラインナップから外れた形で完全にセダンのレガシィになりました。
 (一方で完全なアメ車サイズになった事で日本では使いづらいクルマになったのも困った話ですが)
d_3710_1_1185971029.jpg
 初代の頃はまだ5ナンバーサイズが堅持されていた頃なのでぜい肉太り感はまだ希薄です(それでもレオーネよりだいぶサイズアップしているのですが)
 スバル伝統の水平対向4気筒エンジンはここに来て初めてツインカム化されターボとの相乗効果で当時のギャランやブルーバードのホットモデルと渡り合えるスペックを得ました。そしてこれまた伝統芸の域に達していた4WDもフルタイム仕様がメインになりそれまでのスバル車が持っていた朴訥なイメージを一新しています。

 ワゴンブームの折からレガシィの人気は大したものだったのですが何故か当時の通常品のトミカでレガシィはリリースされず、21世紀になってからTLVでの登場となっています。
 それだけに造形の良さは相変わらずでレガシィらしさが良く表現されています。

 ただ、ここまでしてくれるならぜひワゴン仕様も出して欲しかったですが


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ほとんど新車といっていいレガシィのセダンがあった。新潟ではスバル車の人気が高いが、この車を父が選ぶには若すぎないか

レガシィRSのミニカー見ましたが、いかにも「初代レガシィのセダン」という雰囲気がありますね。

>≫ここまでしてくれるならぜひワゴン仕様も出して欲しかったですが

>そうですよね。レガシィというと、僕もステーションワゴンのイメージが強いので歴代レガシィのステーションワゴンのミニカーを見てみたかった気がします。

初代レガシィというとステーションワゴンのイメージが強いですが、セダンがいすゞアスカのOEM車「アスカCX」としても発売されたことを知って「いすゞマークのレガシィもあるんだ」と感心していますが、今となっては、「いすゞマークのレガシィセダン」に違和感を抱いています。

レガシィといえば、堂場瞬一さんの小説「帰郷 刑事・鳴沢了」にも主人公の刑事・鳴沢了の父親が遺した遺品として「レガシィのセダン」が登場しますが、「帰郷」が2006年に発売されたことを踏まえると時期的に4代目レガシィを想定しているのではないか?と思いながら見ました。

本編でも「新潟ではスバルの人気が高いが、この車は父が選ぶにしては若向けすぎないだろうか。エンジンはポルシェと同じレイアウトの水平対向6気筒で、国産のものとしては最高レベルを誇る…」という一文も載っていますが、レガシィの水平対向エンジンに関する記述がある小説を知ることができました。

Re: ほとんど新車といっていいレガシィのセダンがあった。新潟ではスバル車の人気が高いが、この車を父が選ぶには若すぎないか

 私の故郷の岩手でもスバルの人気は絶大で、レオーネ時代には「カローラより売れていた」と言う話も聞きます。
(まあ、他に雪道に強い4WD&エンジン縦置きFFがなかったからでもありますが)

 CXに限らずアスカと言うクルマ、初代はGMの「Jカー」の一員でしたし、最終の二代はアコードのOEMと終始いすゞらしさが希薄なクルマだった気がします。強いて言えば初代のイルムシャーくらいですがこれとて「他人の褌で相撲を取る」感じでしたし。
 因みに同時期には「スバルビッグホーン」といういすゞのOEM車もありました。

 意外に知られていないですがこの他にレオーネのバンが「ジェミネットⅡ」として降ろされていた時期もあります(因みにジェミネット1はスズキカルタス)しいすゞ唯一のミニバンとなったファーゴフィリーは日産エルグランド、現行のCOMOはNV350。
 90年代以降のいすゞのラインアップはとにかく寂しかったですね。

 レガシィの6気筒と言うと仰る通り4代目以降となるでしょうが4代目までがぎりぎりで日本のお父さんにも似合うデザインだったと思います。今のレガシィはアコード同様に疑似アメ車みたいなノリでサイズ的にもデザイン的にも日本で使う気になれない存在になってしまったのが惜しいです。