TLVの4気筒のハコスカから

d_4294_1_1188662140.jpg

 今回は懐車のミニカーのはなしから。今回もまたスカイラインネタです。
 今でも人気を誇るハコスカと呼ばれるC10系スカイラインは6気筒ロングノーズのGTかGT-Rのイメージが非常に強いクルマだと思います。
 実際、これまでリリースされたハコスカは殆どがそうした6気筒モデルでした。

 ですが私が子供の頃、「スカイライン」といえばGT-BでもGT-Rでもなく4気筒の仕様のクルマを指していました。

 ハコスカからジャパンまでのスカイラインは6気筒と4気筒でノーズの長さが異なりショートノーズの4気筒仕様は室内の広さはGTと同じでありながら小回りが効き、取り回しやすいサイズのセダンとして一般ユーザーにはかなりの支持を受けていました。
 こちらは普通のファミリーカーとしてはもとよりタクシーでもよく見た型でしたし。
d_4294_2_1188662140.jpg

 写真のモデルは数年前に出ていたTLVのハコスカ4気筒仕様のセダン(ついでにバンも出ていました)
 このモデルを手にとってテールランプ周りを見ていたら、思わず懐かしさに我を忘れてしまいそうになりました。
 そう、あの頃のハコスカで一番よく見かけたのがこのテールランプでしたから。
 トミカでこうした「あの頃の普通のスカイライン」がリリースされたというのがとても嬉しかったものです。
d_4524_1_1189861754.jpg

 さて6気筒のセダンと言うと先日紹介したTLVのハコスカもあるのですが、10年位前に「絶版名車」でハコスカGT-Rの4ドアが出ていた事があります。
d_4524_2_1189861754.jpg
d_4524_3_1189861754.jpg

 これを1800と並べてみました。
 鼻の長さの違いを確認できて納得。これも同一スケールゆえの楽しみですね(幅が微妙に違う様ですが)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント