京商のマツダRX-500

DSCN7896.jpg

 先日、行きつけの中古ショップで見つけたものです。
 実はこれを手に入れるまで京商からRX500が出ているなんて知りませんでした(大恥)

 RX500とはマツダが1970年のモータショー用に開発したショーモデルですが10Aロータリーエンジンをミッドシップに搭載して自走も可能。2008年には当時のショーモデルがレストアされており40年以上たった今でも話題に上る幻のスーパーカーです。

 実はこのモデル、一度トミカでも出ていましたが、よもや同じサイズで競合モデルが21世紀になってリリースされていたとは思わなかったので驚くと同時にレジに向かってしまう私が(笑)
 しかも調べてみたらトミカと同時期にマッチボックスもリリースしていたのですが。

 コナミの絶版名車の様な造形とディテーリングは一部のパーツの合いに粗も見られるのですが、それを差し引いても十二分に魅力的です。
DSCN7897_20170313222343207.jpg

 リアから見るとワンダーシビック並みにスパッと切り落とされたテールラインが特徴的で一瞬「スポーツワゴンか?」と思ってしまいます。実は開発段階で3通りのテールデザインが試され、空気抵抗が少なかったのがこのデザインだったそうで検討稿では普通のクーペルックの物も存在していたようです。ドアはカウンタックに先んじてシザース風の開閉、上記のテール部を中心にボディの着せ替えも検討されていたというから面白い。
 これらのコンセプトの一部は現在マツダ唯一のリアミッドシップスポーツであるAZ-1(とそのショーモデルのAZ550)に引き継がれています。
DSCN7899.jpg

 元が初代コスモの後継として検討されたモデルだけに今見ても十二分にカッコいい!

 この頃はいすゞもベレットのミッドシップ仕様の「MX-6」というスーパーカーを出品しておりメーカー開発陣から見てもミッドシップが当時の憧れだった事が伺えます。このMX-6もトミカサイズのミニカーは出ていないでしょうか?



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント