茶色のDD14

 月は変わっても朝夕がやや肌寒いですが、それでもやや季節はずれの題材を。
 メインブログの再録ですがご勘弁ください
SNShouo71IMG_7418.jpg

 DE15に始まってキ100、キマロキと続いてきた当レイアウトの除雪車ラインナップですが、先月ショップ巡りでDD14を見つけるとは思いませんでした。正にサプライズと言う奴です。おかげでその日の自分の夕飯代に手を付ける羽目になりました(尤も新品よりはるかに安価ですが)
DSCN9220.jpg

 こちらはキ600と同様のロータリー車ですがアメリカンスタイルの補機が中々に魅力的です。残念なのは実車同様にロータリーヘッドを分離する事が出来ない点でオフシーズンの単機による入替用途に適合出来ない事です。

 同じ理由でフロント部が実質3軸台車となって最小回転半径がスポイルされる点も弱点と言えます。
DSCN9218.jpg

 余談ですが私のディーゼル機関車のラインナップで制式機で旧塗色というのはこのDD14が最初です。茶色ベースに黄色い帯というカラーリングは渋い事は渋いのですが世代的に少し違和感を感じるのも事実ですね。あるいはそれが理由で比較的安価だったのかもしれませんが。
SNShouo71IMG_7417.jpg

 それにしてもこの調子で行くといつかはDD53やスノーブロワーにまで手が出るような気がして怖いです(笑)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

小学生の社会見学で、デイーゼル車見た時は「これがじいちゃん電車か」と思いました。何せ古くて渋くてごついと思いましたけど生意気盛りのガキには、カッコイイと思わなかったんです。機関車ですらカッコイイと思ったのに、どうも惹かれませんでしたね。

No title

>光になれ さん

 今ではそれなりに垢抜けてきたディーゼルカー(おかげでキハ110系と電車の701系が似てしまってすっぴんだと見分けがつかなくて困るw)ですが昔は電車とは歴然と違う田舎くささ丸出しのデザインが主流でした。

 ローカル線主体で電車よりも長く使われる事が多かったので、思い切ったデザインにならなかった事も大きかったと思います。

 とはいえ、故郷ではこれしか見る車両がなかったですからカッコいいとか悪いとか以前に懐かしさの方が先に立つ存在でもあります。