S660と「浮世離れ」のはなし

今回は久しぶりのs660の話から
IMG_1664_20170506230943765.jpg

 自分で乗っていてこんな事を書くのもなんですが、軽自動車は勿論のこと、今の日本車の中でS660はずば抜けた「浮世離れ度」を誇る車ではないかと思います。
  どうやっても2人以上は乗れず、しかも2人乗車では屋根を外して収納すると手荷物すら載らない実用性の無さ。
 一方でそれとのトレードオフによって成立している「ミッドシップゆえの運動性と運転者との一体感の高さ」

 まあ、何れにしてもS660ほど「およそ所帯染みた用途に使うには向かないクルマ」はそうそうない気もします。
 とはいえ、購入から8ヶ月を経過し、7000キロ以上走ってみるとその間に「所帯染みた用途」に使う事もそれなりにあったりする訳です。
IMG_1665_20170506230945baa.jpg

 私の場合は主に「日曜日の朝、近所のスーパーに一週間分の食材やら何やらを買う」のにS660を使っています。
 同乗者がいないとはいえ「買い物カゴを助手席に載せればあとは何も載らない」というある意味でS660ギリギリのスペックの仕事ではあります。

 あるいは平日休に1人での買い物をする時とかですが、何れにせよ「助手席に載らないものは買わない」といった程度の用途に留まります。

 ショッピングセンターの駐車場で取り回しに神経を使うのは確かですが、それでも普通の軽よりも小回りが利き、運動性も良いせいか意外と苦痛は感じません。何よりもこれで買い物に出かけると「スーパーでの買い物という行為すらも非日常的な何か」に感じてしまうのが凄い事です。

 そしてもう一つ思った事。
 休日(殊に平日休)にドライブ込みでこういう用途に使っても燃費はコンスタントに20キロ台を叩き出します。

 同じ事を例えばHVのエスクァイアでやったとしてもリッター16、7キロですから確実にS660の方が経済的な訳です。勿論ミニバンにはミニバンでなければ出来ないことも多いのですが、そうでない用途も意外に多い事はS660に乗って初めて気づいたことでもあります。
 恐らくこれはコペンやワークス辺りでも同じ事と思います。
 (強いて言えばワークスだとなまじ実用性が高い分、浮世離れ度に欠ける位でしょうか)

IMG_1475-photo.jpg

  してみると二台目に軽のスポーツカーを持つカーライフというのは案外合理的で経済的なことかもしれません。
  何より実用車や八方美人車にない「割り切った非日常感」を手軽に味わえるという点では精神衛生面でもポジティブな効果がありますし。

尤もこんな事が書けるのはある意味「駐車スペースの空き地に不自由しない田舎者の特権」である事も間違いないと想います。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

うちの場合は通勤用趣味車という位置づけです(笑)

No title

>Kata改さん

 私の場合は基本通勤には使わないのですが、自分の通勤経路に照らし合わせてみると決して通勤に使えないクルマではないなとは感じています。結構きびきびと走る走り味は渋滞でもない限りストレスを感じませんし。

 とはいえ荷物込みの通勤なので現実問題として使えなかったりしますが(汗)