エンドウのEF57に思うこと

SNShouo71IMG_5866.jpg

 例によって出物漁りで見つけたエンドウのEF57です。
 EF57自体は既にKATOの旧製品が入線しており、最近でもマイクロから再生産の物が出回っていますが値段の点と(笑)エンドウ製品特有の雰囲気に惹かれてしまいました。

 多少年式相応のくたびれ感はありますが走行はエンドウらしい堅実な感じで見るからに「一生懸命走っています」といった感じが好ましいと思います。
 デッキ周りはともかくとして車体自体はKATO辺りと比べても意外に遜色ない雰囲気です。元々旧型電機は車体が凹凸の少ないのっぺりした感じなので最密度の差が少なく、ブラス特有の肉の薄さが窓周りの雰囲気を良くしている印象です。
SNShouo71IMG_5868.jpg

ところがこの57、入線に際して問題が二つ出てきました。
 ひとつが屋根のモニタ周り。ダイカストの一体パーツのようですが経年劣化か、モニタを含めた屋根上機器全体が上に反り返った状態です。

 横から見るとかなり見苦しいのですがこの部分は実車では一体になっていないらしいので切り取り・切削などで修正できそうです。
 
 もうひとつがパンタ。全金属製の味のあるタイプなのは良かったのですが上げてしまうとかなり高い状態となり限界の低めな当レイアウトのトンネルで引っかかってしまいます。しかもばねが利きすぎて途中で止められません。

 さしあたりこの2点は修正必須と見ました。
 先ず屋根上のモニタ部分ですが各モニタの継ぎ目に当る部分を境に切断・切削しました。
SNShouo71IMG_5869.jpg

 一体パーツが上に反り返っているところからパーツ自体が膨張した物と判断して切り取ったパーツをそれぞれやすりで切削したのですが両端のパーツだけは屋根にしっかり固定されているため取り外し不可でこの部分の湾曲が残ってしまったのが残念です。

 同時にパンタグラフも交換しました。本来ならばKATOのEF57用を使いたかったのですがショップにも在庫がなくTOMIXのEF58用で代用しました。
 ところがこれまた台座とパンタの寸法が合わずそのままでは取付できない事が判明。急遽鉄線で台座にステーをかませてその上にパンタを取り付けました。台座部がやや見苦しいのですがそれでもパンタ本体がより細密な物になった事で印象はかなり変わっています。
SNShouo71IMG_5889.jpg

 改修前との比較です。
SNShouo71IMG_6030.jpg

 改修したエンドウのEF57ですが、先行して入線していたKATOの57との比較をしてみました。
 写真では左がKATO、右がエンドウです。

 尤も、KATOの57もカプラーに特徴のある旧製品で発表時期そのものはエンドウと大して変わらないはずですし、エンドウのはパンタ交換をしている点を考慮しなければなりませんが。
SNShouo71IMG_6031.jpg

 前から見たところでは流石にKATOの方がデッキ周りの細密感で上回ります。特にカプラー周辺は当時としてもかなり頑張った方ではないでしょうか。但し、少し離れてみると意外に差を感じません。

 大昔に入線していたEF58だとディテーリングでKATOやTOMIXとの差が歴然としていたのですがデッキ付の旧型機ではそれほどでもないようです。
SNShouo71IMG_6033.jpg

 サイドビューです。
 エアータンクが台車側についているKATOに対して実物どおりに車体側についているエンドウという特徴がありますがそのせいかエンドウの方がやや腰高な印象です。とはいえKATOの方も急カーブでは台車ごと豪快にエアータンクが首を振ってしまうので同年式の場合どちらを取るかという所でしょう。因みにKATOの57は140Rのミニカーブをクリアしましたがエンドウは出来ませんでした。
 それと真上から見て気付きましたが、車体の長さがアーノルドカプラー一個分位違います。KATOが長いのかエンドウが短いのかは分かりません。
 車体の肉厚は写真でははっきりしませんがKATOがプラの肉を感じさせてしまうのに対してブラスのプレスで厚みを感じさせないエンドウの方が個人的にはすっきり感があって好ましい感じがします。あと細かい点ですが内部のダイキャストを緑色に塗装してあるエンドウにはそれらしさを感じました。

 走りはどちらも年式相応。KATOは流石にスムーズですがエンドウもそれなりに健闘している印象でした。いずれも旧客を5~7両牽いて4%勾配を登りきる位は問題ありません。

 最近この種の同一形式メーカー比較(とはいえ大半が旧製品の中古ですが)をやる機会が増えていますがやっていて思うのはブランドごとの優劣というよりも個性の違いを見るのが楽しい気がします。
 それぞれのブランドがどこに拘りを持ってモデル化しているかを見ると、どちらが良くてどちらが劣っているという気にはなかなかなりません。

 ある意味不思議でもあります。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント