「Rev Beat S660」を試す(笑)

DSCN8450_2017060721454044b.jpg

 今回はS660ネタです。

  Kata改さんのツィートを見るまで存在自体知らなかったS660用のアプリケーション「Rev Beat S660」と言う奴を早速インストールして試してみました。
 これはSound of HONDAに続くS660用お遊びアプリです。ただ、最初見たところではとっさに何をするアプリなのか、よくわからない所もあったので殆どぶっつけ本番みたいな感覚で試すことになりました。

 やりかたはインストールされたi-PHONEをUSB経由でステレオにつないで起動させるだけ。
 後はステレオのプッシュボタンを押すだけで記録が開始されます。
DSCN8453.jpg

「・・・記録?」

 このアプリは走行中の各種データを記録するタコグラフというかクルマ版フライトレコーダーとしての機能を持っています。
 そればかりかGPSと連動して地図上、又は航空写真に自車位置を表示しながら過去のドライブをプレイバックする事も可能です。
DSCN8452_2017060721453704f.jpg
 よく見ると「どこで何速に入れたか」なんてことまで表示されていますが。

 ですがこのアプリの本来の目的はそんな所にはありません。
 記録開始直後からやたらテンポのいいBGMが鳴り始めるのですが、走行中シフトアップ、又はシフトダウンさせるとそのタイミングやエンジン回転数のデータを拾い出し「ギアチェンジの採点をやって下さる」というのがこのアプリの本来の目的だったりします。

 上手くゆくと「エクセレント!」とボイスが掛かり、失敗すると「モア、ガス」または「レス、ガス」とクルマに叱咤されます(笑)
 また、エクセレントが連続するとKOMBOが加算され、失敗するとそれまでのKOMBOがゼロになるというゲームみたいな機能が付いていまして、それらの総計ポイントによって「クラスアップ、又はアイテムが追加される」のです。

 因みにこれまでのところ私が獲得したのは「ステレオのスピーカーからブローオフバルブの開閉音がする(しかも実際のエンジンよりワンテンポ遅いw)」のと「走行時に掛かる曲が一曲増える」位です。
 行くところまで行ったらポイントがたまったら何が来るのか興味深いですね(爆)

 シフトアップで失敗する事はめったにないですから主にシフトダウン、それもダブルクラッチかヒール&トウが上手く行ったかどうかが採点の分かれ目のようです。特に下り坂なんかでヒール&トウが上手く行った時にはポイントが割り増しされるらしいです。
DSCN8451_201706072145391a8.jpg

 何の事はない「ダブルクラッチ養成ギブス」か「バーチャル教官」みたいなものですね(笑)
 記録を見返すとアドバイスまで書いてありますし。

 短時間のドライブだったらそこそこ面白い機構ですが、30分以上連続してこれをやっていると何だかうっとおしくなる気がします。 尤もレコーダー機能は後から観るとなかなか参考になりますし、基本装備として「ディスプレイ上に「今何速か」表示されるのはけっこう便利でした(6速も切っていると3速のつもりが4速だったりするのが結構あったりするので) 

 ですがこれからは(いや、今も?)自分で運転していて自分のクルマに監視される様なそんな時代が来るのかもしれないなとかふと思ったりします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

レポートありがとうございます。

自車位置まで記録されるんですね~。成る程。

使い続けると運転が上手くなりそうですね~。

こちらはiPhoneにしないとダメなので暫く先になりそうです。

No title

>Kata改さん

 レコーダー機能は後から観返すと拾い物でした。何速に入れたかなんてのまで表示されると妙にバーチャル度が高くなったような感じがしますね(笑)

 iPhone経由なのでこれを使っている間は他のアプリ(特にナビ)が使えないのが惜しい点ですね。
 このアプリはナビの一機能として使えればかなり有効と思えるだけに残念です。