思い出のカラーブックスから「第3セクター鉄道」

 カラーブックスの鉄道ネタも久しぶりです。
 今回は「第3セクター鉄道」をば。
DSCN8467_20170614222618593.jpg

 1984年に三陸鉄道が開業したのをきっかけに文字通り雨後の筍の如く登場した第3セクター鉄道を1992年の時点で俯瞰した一冊です。
掲載されている鉄道は35.
これまでカラーブックスで紹介された地方私鉄本のどれよりも多い数です。

 昭和末期から平成初めのバブルの前後の限られた期間に一斉に登場した物ばかりなせいか、大半が似た様なレールバスか国鉄気動車の払い下げ車が掲載されており、その意味ではどれも同じに見えてしまうのは仕方ない所かもしれません。

 尤もそんな中にあって土佐くろしお鉄道や北近畿タンゴ鉄道の様にのっけからオリジナル車体の優等列車が用意されていたり、野岩鉄道の様に乗り入れしている東武鉄道とほとんど見分けのつかない様な物もあってあの時代ならではのバラエティ溢れる組み合わせが第二世代の地方私鉄みたいな雰囲気を醸し出してもいます。
DSCN5628.jpg

 最近では新幹線と並行する幹線の第3セクター化というパターンも出てきていますし、その意味では面白いとも言えますが、一方でここに掲載されている第3セクターの中には既に廃止されている物もあったりしますし、黒字経営の物があまりない現実もあってその辺りに本書が出てからの20年以上の時の経過も感じられます。
DSCN7719_20170614222622160.jpg
1337064223.jpg

 この時代の3セク鉄道の模型のいくつかは最近鉄コレで製品化されている物も多いですからそっちの参考書(笑)にもなりましょう。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント