「タワーリングインフェルノ」とレイアウトの俯瞰のはなし

1360163773_207.jpg


 今回は映画のはなし、BD版の「タワーリングインフェルノ」です。

 この映画は小学生の時の初見以来好きな映画のひとつでVHSやLDは持っていたのですが画の情報量の多いBD版が出ると聞くと矢も盾もたまらずに予約してしまいました(その甲斐あって早期予約割引で2千円そこそこという特売のDVD並みの値段でしたが)


 それにしても超高層ビルの大火災で死人が100人単位で出る話なのに観ていてどこか華やかさを感じてしまいます。

 これは70年代きっての超大作で当時のオールスター総登場、デザスター映画の特長を最大限に生かしたグランドホテル方式の演出(ひとつの災害で同時並行でいくつもの小ストーリーが並立するのでそれだけスターごとの見せ場を作りやすい)等の相乗効果によるものでしょうか。

 流石にBDともなるとかなり細かな所までくっきりと表現され、その点では満足ですが短縮版を基にしたらしい日本語吹き替えはしょっちゅう英語字幕と日本語が切り替わりうっとうしい印象でもありました。

 映像特典はかなり豊富で「未公開カット集」だけでも1時間近い長さがありつい途中で寝てしまったほどです(汗)

 さて、本編の話をさておいて個人的にこの映画の魅力の一つと感じているのにオープニングがあります。

 主人公の一人、ポールニューマン扮する建築屋がヘリに乗ってグラスタワーに向かう描写。

 最初は海上の陽の照り返しの中をヘリが突き進むシーンに始まり、海岸線、山岳地帯、牧場の上空を通過、雲を抜けるとゴールデンゲートブリッジが出現し、そこから港、官庁街、ダウンタウンを通過して135階のグラスタワーの屋上に上昇してゆく一連のシーンの俯瞰・パノラマ描写は見事の一言に尽きます。

 以前メインブログで「魅力的な俯瞰も大レイアウトに必要」と書いた事がありますがそう思う様になったきっかけのひとつがこの映画にあったのではないかと今になって気づきました。

 そんな訳で寝酒代わりにこのオープニングだけ見ながら寝る事も多いです(笑)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント