TLVのY30セドリック

DSCN8647.jpg
 個人的な印象なので気に触る向きにはご勘弁頂きたいのですが、歴代セドリックの中でY30ほどひどいデザインのクルマはなかったと思っています。
 大ヒットだった先代430のシャープなイメージはどこへやら、妙にぼてっとした、5ナンバー規格いっぱいに広げた弁当箱みたいなフォルム。
 ブタッパナとつい呼んでしまいたくなる大雑把極まりない下品なフロントグリル。テールの処理もフロントのキンキラキンとは打って変ったレゴブロックを重ねた様なデザインでアンバランスでした。
DSCN8649.jpg

 デビュー当時クルマ雑誌を読んでいて、デザインのあまりのひどさに「どこを誉めればいいのかわからない」ジレンマにすら陥った記憶があります。中身についてはNISSAN初(と言うか国産車初)の乗用車用V6エンジンの存在くらいしか取り柄が見つからず、日産ファンだった私をこれほど困らせるクルマもなかったと思います。
 そのY30、通常品のトミカでは3ナンバーのブロアムが製品化されていますが、今回は5ナンバーサイズのターボ仕様(外見の差異はバンパーのサイズ程度)という形でTLVで製品化されました。
DSCN8648.jpg
 当時あれほど嫌っていたデザインのクルマなのに、敢えてTLVを買ってしまった自分にも我ながら驚きますが(汗)ミニカーとしての再現性はTLVの中でもなかなかのものです。
 という事は、当時の悪印象が丸ごと再現されている事でもある訳ですが、Y30のファンにとっては文句の出る事はあまりないのではないかと思いますし、Y30前期型のファンは買って損はないモデルと思います。
DSCN8651.jpg
 唯一気になるのはツートンボディの上半分の粒子が荒い為、粉をふいた様にも見える事でしょうか。

 当時から不人気になってしまったY30ですが、2年後にかなり大掛かりなフェイスリフトを敢行してどうにか盛り返します。
 私がY30をどうにか好きになれたのはこの後期形ゆえとも言えます。
 この時期はブルーバードやローレル、パルサーなども一斉に大規模なフェイスリフトを行っていますが何れも前期型より良くなっている事が多く、どうして最初からこのデザインで出せなかったのかと思うことも多かったですね(唯一BMWコンプレックスみたいになったU11ブルだけは気に入らなかったですが)

 その後期形は来月にグロリアでリリースとの事なのでこちらは非常に期待しています。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント