トミカプレミアムのポルシェカレラRS

 今月のトミカプレミアムから
 先日紹介のランエボⅢと一緒に購入したのはポルシェ911カレラRS。
DSCN8686.jpg

 911そのものは通常品のトミカのほかTLVでも製品化されており、普段からかなりの人気車種である事は皆さんもご存じのことと思います。
DSCN8688_20170726232941c16.jpg

 カレラというと私らの世代では「サーキットの狼」でライバル役の早瀬左近の最初の愛車(シリーズが進んで何度も愛車が変わるのですがどれもポルシェばかりだったところに彼のこだわりを強く感じます)として有名です。
 単行本1巻では主人公吹雪裕矢のロータスヨーロッパと首都高速でバトル。

 2巻から4巻でのいわゆる「公道グランプリ」編では一回のレースの間に「ファンベルトを損傷」させたり「オイルパンを割ってオイルを漏出」させたりとトラブル続き。
 しまいにはレース中にオイルを何度も補給しつつ戦い続け、ゴール直前でオイル切れによるエンジンブローを起こしながら惰性で3位入賞を果たすという大活躍ぶりを見せました。
DSCN8687.jpg

 今回のプレミアムは、その当時のカレラにごく近い仕様です。
 聞くところでは既にプレミアムで出ているロータスヨーロッパも「公道グランプリ仕様」で再度出る様なのでカレラの方も~とか思ったりします
(但し設定では早瀬率いる暴走族が「ナチス軍」で、ドアにもきっちりナチスマークがついているので事によると製品化は難しいかも)

 他のサイトを除くと今回のカレラは実車に比べて少し背が高くぼってりした印象なのだそうですが、個人的には上述の「サーキットの狼」でのカレラの作画イメージにごく近いと感じています。
 おそらくですが作中では、吹雪のロータスとのキャラクター性(当時としても車高がべたべたに低かった)の差異を出す為に敢えてカレラの方も背を高めに作画していたのではないかと思うのですが。

 これは手持ちのロータスと並べてみたらわかると思うので次辺り試してみます。
DSCN8689_201707262329395b2.jpg

 それ以外の造形面は細部の再現性も初代のトミカに比べてバージョンアップ感も良く出ており個人的には気に入っています。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント