S660の一年目

DSCN8694_20170727212520bed.jpg

 今回は久しぶりにクルマのはなしから。

 先日はS660の12ヶ月点検でした。
 ここまでの走行距離は9030キロ。
DSCN8695_201707272125197f7.jpg
DSCN8696_20170727212518f45.jpg

 昨年はディーラーに車が来てから(つまり登録月)納車まで約一月のブランクを作っていたので年換算ではやはり当初の予想通り1万キロ前後の走行ペースという事になります。

 季節的にもちょうど四季を一巡りした形になりますが、ここまで走ってみて一番楽しめるのは秋か春という事になりますか。
 最も最近の気候では、エンジンの負担になるエアコンをつかいたくないのでかなりの頻度で屋根を外して乗っています。ここまで暑いと外聞もへったくれも無くなりますね(笑)
IMG_1938.jpg

実際、エアコン作動時はシフトチェンジ時のエンジンの反応がはっきりとガサツになります。もともと排気量的にもパワー的にもギリギリの規格のクルマなのでこれは仕方ありません。
ですが屋根を外したS660の爽快な事、事前の予想を上回りました。

更に屋根を外し、窓を下げる事で重心が低くなり、更にフロントコンパートメントに八キロ相当のウェイトを載せたのと同じ事になるせいか、ハンドリングにどっしり感が出て安定するという意外な効果もありました。
 本当にちょっとした事ですがこれも馬鹿になりません。

 それにしてもこの1年、主に休日の脚としてS660はよく活躍してくれました。
 「休日」と言っても走行距離からすると「毎回100キロ単位で走っている」事になりますからやっぱりすごい話です。
 田舎ゆえにどこへ行くにもクルマが必要という事情もあるにせよ、これまでだったら行かなかったか、行くのが億劫になる様な所でもS660ならどんどん出掛けられました。東京や神奈川の裏路地とか静岡の峠道みたいな所でもすいすい行けますし、高速では軽自動車離れした安心感のあるクルージングも可能です。
IMG_1926.jpg

 何よりもS660の場合は「目的地に行く」というよりも「そこまでの過程が既に一種のアミューズメント」ですから(燃費の異様な良さにも救われて)出不精の私に相当活を入れてくれた存在だと思います。
 おそらく「スポーツカーを持つ」という事の御利益の一端はそう言う処にもあるのでしょう。

 そしてこれからもS660は私にとってそういう存在でいるのだろうと思います。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント