カップヌードルの黒歴史

 今回はかなり久しぶりに食べ物ネタから。

IMG_1928.jpg
 最近の熱さにかまけていると特に平日休の場合、昼ご飯を横着しがちです。
 職場の昼ごはんでもカップめんを食べる事はそうないのに、猛暑の自宅では往々にしてこれをやってしまいます。

 そんなある平日休に、近所のセブンイレブンでつい魔がさして買ってしまったカップめん。
 「どん兵衛」「カップヌードル」の「黒歴史ペア」

 発売当時売れなかった失敗作が「今だったら売れるのではないか」というコンセプトで出したものだそうです。
 どん兵衛が「だし天茶」カップヌードルが「サマー」と称するトムヤム味
 食べてみてどっちも不味かったら今日の後半はブルーになること必至です(爆)
 
IMG_1929.jpg
 「だし天茶」ですがカップめんらしからぬさらさらと行ける感じが好感です。
 だし汁にわさび風味を聞かせている所が貢献しているのでしょう。

 ただ、これだけだと不足感があるのでご飯も一緒に食べて丁度という所でしょうか。
 「うどんにご飯」という組み合わせに違和感を感じない人向けですね(例えば私とか)

 出来立てのどん兵衛を写真に収めて思うのですが、スープ表面の気泡がどうにもまずそうに見えてしまいます。
 実際は見た目よりは美味いと思うので、そこは割り引いてください。
IMG_1937.jpg
 レモングラスかおるトムヤム味の「サマー」ヌードルは夜食用。

 何と言いますか独特のアシッドさが舌に残ります。
 まあエスニックと言えば言えるのですが、レモングラスとやらの酸味が前面に出まくって夜食にこれを食べるのは若干勇気が要ります。

 それにこの時は食べた時の環境が悪かった!
 前にも紹介したモンスター映画の「双頭の殺人鬼」を観かえしながら、食べていましたからアシッド感がさらに加速した面もあったであろうことは容易に想像できます。
 

 因みにこの「黒歴史」にはもうひとつUFOもあったそうですがまだ食べていません。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

黒歴史、それはあってはならない存在。黒歴史、それは闇に葬るべき歴史。

とまあカッコつけるのはこのくらいで、黒歴史の名前が出たのは某白ひげからで中2病でも恋がしたいでも黒歴史ノートが出てオタクには有名でも一般には知られて無いと思ったんですが。ただカップヌードルの黒歴史って、いくら何でも酷いのでは。本気で勇気いりますよ。

No title

>光になれ さん

 「黒歴史」という言葉、語感と見ただけでなんとなく意味が分かるところから、最近は割合一般にも浸透しつつある言葉だと思います。 特に最近はネットで濫用されると、広がるのも一気に進行するのが特徴的ですね。
 かつての「ダサい」などと同様に、これまでに似た様な用語がなかった(と思う)事から、案外今後も使われる用語ではないかと予想しています(笑)

 これは一部マニア向けの用語でも、これらの条件が揃えばあっという間に膾炙してしまうという一つの例かもしれません。