グラチャンコレクションのセリカLB

 久しぶりのグラチャンコレクションネタです。
DSCN8174.jpg

 今回紹介するのは初代セリカのLB(リフトバック)
 グラチャンですから当然シャコタン仕様です。

 この形のセリカは以前トミカでも出ていますがクーペの時とは異なりフロンドグリルの造形が妙に上下に分厚い造形であまり実車に似ていないという欠点がありました。
 LB自体は好きな車種だったにも拘らず、登場時のトミカの実物を見たら一気に買う気が失せてしまいその後20年位セリカLBを買わなかったくらいです。
DSCN8173_201708112210072e1.jpg

 今回のグラチャンではさすがにその辺りはよくなっていて適度に彫りの深い造形は初代の面影をもっともよく伝えていると思います。
 同じ事はリアの5連テールランプでも同様。やっぱりLBはこうでなくてはなりません(笑)
DSCN8176.jpg

 ところでこの型のLBでもう一つ私が連想するのが、以前にも紹介した事のある田中光二の「白熱(デッドヒート)」の主役です。

 あらためて説明すると本作は特注のチューニングを施したセリカLBが(恐らく同様のチューンをした)ケンメリGTに戦いを挑む小説です。
 ボルトオンターボがまだ一般的でない(そもそも日本車のターボがまだなかった頃)時期に「18R-Gをノーマルの145馬力から190馬力にパワーアップした」なんて描写はそれなりのインパクトでした。
 昭和50年代初めですから馬力表示はKWでもなければNETでもないグロス表示。今の感覚では160馬力ちょっとという事になるでしょうが、それでも当時の日本車の中ではずば抜けたパワーのマシンという事にはなる訳です。

 今回のグラチャンのLBを見ると本作のチューンドセリカのイメージが重なります。

 今度金色のケンメリでも作ってみようかしら(笑)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント