代車のミッドシップカー(笑)

先日の12ヶ月点検の折、パワーウィンドウにトラブルが見つかったS660を修理に出しました。
丸一日の工期だったので、ディーラーから代車が来たのですがその車というのが「アクティのバン」でした。

IMG_1957.jpg



ボディ形式は違いますがこちらもS660同様のミッドシップマシン。
それどころかエンジンが縦置きなところはS660よりも本格的だったりします。
という訳で、その日は1日アクティを足に使っていました。




実はこの形式のミッドシップは私にとって初めてではなく、20年くらい前に乗っていた初代セレナもやっぱり縦置きミッドシップでした。

そのせいもあってか、印象としての乗り味はセレナそっくり。ホイールベースの長さとフロントヘビーでない重量配分からくるステアリングフィールは「あの頃のセレナ」を彷彿とさせられました。

IMG_1958.jpg
尤も、ノンターボのエンジンはセレナどころでない非力さなのでエアコン作動時はアクセルをかなり開け気味にしないとまともに走りません。その上にステアリングのロックトゥロックがかなり広いので反応がセレナよりはるかにだるかったのも確かです。が、コーナリング時の安定感はキャブオーバー車やFF車にない安定感を感じました。

別にこれでスポーツドライビングをやらかす気もなかったので不満もそうありません。
「これはこういう車なんだ」と思って乗れば気にならないレベルです。

ただ、ナビの取り付け位置の低さだけはどうにかならなかったのかと。視線が下を向いている間はまったくの盲目運転も同然ですから運転中画面を見るのにはかなり勇気を必要としました。
IMG_1960.jpg


運転席後方のラゲッジスペースの広さはさすが4ナンバー。

これだけフラットでスクェアなスペースが後方にあったら物を積むだけでなくポケット別荘みたいな使い方を夢想させたくなります。ただ、構造上床面は高い。ハイルーフなので空間の広さは実感できますが・・・




同じミッドシップでもS660とアクティでは性格が相当に異なりますが、片や運転そのものに特化したミッドシップ、片や最大の空間容積を追求したミッドシップとどちらもそれなりに魅力を感じたりします。ただ、軽規格だけにアクティの燃費は悪そうですが。


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント