鉄道模型入門誌に思うこと


1328377788.jpg
 メインのブログでも触れましたが、講談社のレイアウト製作シリーズの第3弾「週刊SL鉄道模型」
 このレイアウト製作シリーズも第3弾ですが、これの出始めの頃は昼間とはいえ、TVCMでレイアウトの本が流されるという事自体画期的だったと思います。それどころか全国紙の前面を使った広告まで出ていましたから全く大した時代になったものです。

 さて、鉄道模型の中古ショップの中には古本類を扱っている所もいくつかありますし、ブックオフ辺りだと専門誌のバックナンバーなどが格安で入手できる事があります。

 地方の悲しさか、本屋さんの品揃えが今一つでたまに他の地方の本屋を覗くとその落差に愕然とする事も多々あるのですが、この種のショップの方がまだ拾い物を見つける確率が高いようです。
1205517394.jpg

 件の「週刊SL~」を眺めていた時にふと、以前に近所のショップで見つけた東京ホビーセンターの鉄道模型講座のテキストがあったのを思い出しました。。
 奥付を観ると1987年となっています。記憶を手繰ると確かにその時期の地方紙の1面下の広告でそんなのを見たような記憶があります(当時は鉄道模型の趣味の中断時期で「ああ、こんなのもあるのか」といった程度の認識でした)
 この頃は鉄道模型の通信講座が出現した事自体すごい事だったと思います。

 見たところ内容的にはTOMIX辺りのレイアウト製作マニュアルと大差ないものでレイアウトプランも当時のプラン集にありそうなものばかりです。違いといえば、「教材」としてTOMIXの24系ブルトレを中心とした基本セットが付属していたらしい事ですか。流石にそちらの方は付いて来ていませんが。

 いずれにしろこうした形での鉄道模型の入門者層の掘り起こしがコンスタントに続いている事は多少のデメリットもあるにせよある意味、歓迎すべきことではないかと思います。
 


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント