「新幹線大爆破」とレイアウト

1249426534.jpg


生まれた年代の関係もあるのでしょうか、私の鉄道模型の趣味はかなりな部分で昭和30~50年代のTV・映画の特撮物と重なっている部分があります。
 特にミニチュアワークに絡む部分ではレイアウトの情景創成との共通点が多く、子供の頃に見た特撮物のアングルや1カットに憧れを覚えたり、「こんなカットをモデル化してみたい」と感じる事も多々あります。

 その意味で原点となりうるのは主に昭和30年代の黄金期の東宝特撮なのですが、それについては後回しにして今回は列車が主役の特撮物と言う事で東映の「新幹線大爆破」を。

 作品のストーリーや内容については色々な方が文献やブログで取り上げておられるので、このうえ屋上屋を架すような事はここではしません。検索すれば大体のアウトラインはご理解いただけるものと思います。

 この作品は映画館ではなく、公開から大分経ってからTVで見たのが最初でした。洋画を中心にパニック映画ブームだった時勢に乗っかる形で急造された和製パニック物で初見の当時はストーリーは中々面白かった物の肝心のミニチュア特撮の部分がどうしてもちゃちに見えてしまい少なからずがっかりした覚えがあります。

 それから更に時が経ち、ミニチュアと言うよりもストーリー性に惹かれてビデオやDVDを購入し何度となく見返してきた作品です。ところが、レイアウトを作りはじめてから改めて観直してみると結構侮れないカットがいくつかあるのに気付きました。

 中でも浜松駅で上り新幹線が通過した直後の上り線に下りの新幹線が入替え進入する部分(DVDでは冒頭から26分半位の部分)でミニチュアの浜松駅を上り新幹線がカーブしながら通過するカットには立った数秒のシーンながら鳥肌が立ちます。
 ミニチュア自体はごく平凡なレベルですが何と言っても個人のレイアウトではまず不可能に近いたっぷりした奥行きを利したセットのスケール感に圧倒されてしまうのです。
 聞く所ではこの辺の一連のカットは俗に「八百屋」と言われる全体に傾斜のついたミニチュアセットを組んで動力を内蔵していない新幹線を上から転がし落とす方法で撮影されたそうです。ミニチュア車両に動力がないというのもミソで下手にモーターを内蔵していたらこの部分の走行シーンはこう滑らかには行かなかったのではとも思えます。

 また、クライマックスの停車シーンは明らかにミニチュアの新幹線と実景のパトカー、消防車、自衛隊車両と救助隊のエキストラの合成になる夜景なのですがミニチュアがちゃちであるにも拘らず画面全体のパノラマ感(シネスコ画面のメリットを最大に生かした左右の広がり感)のインパクトが強く、その意味でも私の好きなシーンであります。

 他のカットがミニチュア感が強すぎる事や構図に工夫が少ないといった難点もあるのですが今でも見返すたびに引き込まれます。

 と言っても、レイアウトを作る一人として「こんな風なレイアウトを作ってみたい!」と言ったレベルなのですが(笑)

 同じ作品を観るのでも「観客として」と「レイアウトを造る身」とでは結構視点が違ってくるのかもしれません。
 ちなみに本編部分の車内セットですがこちらは実際の車両工場に発注して作った物だそうですのでさすがにこれをちゃちだという人はいないと思います(笑)

 鉄道博物館に0系の大窓車が展示されていますがこの車内に入ると気分はひかり109号です。私も初めて乗った時はずいぶんと浸りました(恥)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント