「代車」のフィットハイブリッド

先日お話ししたS660の狙撃事件(笑)の続きです。
結局、S660はディーラー送りでガラスリペアを行うことになり先日の平日休を使って1日預けと相成りました。
DSCN9836.jpg

そこで代車を用意して頂いたのですが、駐車場で待っていたのは現行型フィットのハイブリッド(ただし前期型)でした。
代車といっても丸半日は私の足になるわけですから一種の試乗のつもりで乗り回しました。
フィットは現行型で3代目。初代に比べていささか太った感じもありますが一応コンパクトカーで売られています。ハイブリッドも二代目となりそれなりに洗練されているはず。
DSCN9838.jpg

早速乗って見たのですがまず驚いたのは「シフトレバーの異様な低さ!」エスクァイアの様なインパネシフトでなくフロアにレバーが生えている形式なのですが、知らないで乗ると必ずまごつきます。インパネ周りは未来感溢れる物ですが表示部は一見あっさりしている様に見えて結構煩雑。慣れるのに時間がかかりました。
DSCN9841.jpg

最も慣れて仕舞えば気にならないとも言えますが。

走り出しはハイブリッドらしくモータのトルクに物を言わせた様なスルスルとした印象でどうかするとノアのハイブリッドよりも高級感があるかもしれません。ただ、アクセルを踏み込むとエンジンが勇ましく自己主張を始めるあたりは「ああ、ホンダの車だ」と再認識させられますが。
実はフィットのパワステは多少いじられている様ですがS660にも転用されています。そのせいか低速域でのステアリングフィールはS660とあまり変わりません。
FFゆえに「前から引っ張られる様な感覚」がS660と異なるくらいですか。
最も重心の低さとリアドライブの強みでS660の方が「運転している感覚が濃厚」なのも再認識します。
DSCN9839.jpg
DSCN9840.jpg

スペースユーティリティはまさに一昔前のワゴン並みかそれ以上。リアシートの背もたれを前に倒すと座面も沈み込み、フラットな荷室になるところはフィットの美点。座面を跳ねあげてリアシートのレッグスペースに嵩物を載せられるギミックも継承されています。エスクアイアほどはないにしろ、ミニバン並みの広々感はあります。

このフィットに2時間も乗っていると「車なんてこれ一台で十分な気がしてきます」ね。利便性でいうならコンパクトカーとしてはほぼ上限とも言えるサイズを有効に使っている印象ですし、乗っていて不満らしい不満もなし。おまけに燃費は燃費計を見る限りほぼリッター20キロ前後をキープしています。
おそらくですが街乗りで燃費が伸びるセッティングになっているのだと思いますが高速燃費はそんなに伸びないかもしれません。

ただ、私のイメージするホンダ車に比べてホンダらしさは希薄な気がします。知り合いが乗っている現行型オデッセイですらこれよりもホンダっぽい雰囲気はありましたから。ましてやS660ほど変態でもないですし(爆笑)
DSCN9837.jpg

ですがこのフィットの様な車が続く様だとそのうちホンダだかトヨタだか分からなくなるのではないかといった類の危惧は感じたりします。


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント