魔がさしてちょいと四尾連湖へ(笑)

IMG_2851.jpg

 先日地元紙を読んでいて家からほど近い(と言ってもクルマでたっぷり3,40分は掛かるのですが)四尾連湖のキャンプ場がアニメの舞台としていわゆる「聖地巡り」のコースに組み込まれていると知りました。
 アニメが出るまでそこに関する話題と言えば行きつけの床屋さんで「湖までの道の峠走行」位しかありませんでしたから(恥)

 そこにはアニメの放映前にも一度行った事がありましたが「聖地化するとどうなるのだろう」という好奇心も手伝って出掛けてみました。

 (ちなみに私が過去にやった聖地巡りは「恐竜・怪鳥の伝説」と「西部警察」だったりします(爆笑)
 華のない事夥しい)
IMG_2862.jpg

 前回の時は晩秋の紅葉シーズンでけっこう肌寒かったのですが、今回は異様なまでの暖かさ。
 湖畔のデッキもうららかさ漂いアニメとか聖地とか関係なくとても気持ちのいい一角となっていました。
IMG_2861.jpg

 そこの旅館で出している「本場のチャイ」をすすりつつ陽の光が照り映える湖緬を眺めるのjはまさに心の贅沢!
 近場にこんなポイントがあるならこれから何度でも行きたいものです。

 その後は徒歩で湖畔一周。
 一応湖という事になっていますが非常にコンパクトなサイズで普通だったら物の15分もあれば一周できそうです。
 ただ、季節がら東側斜面の残雪が滑りやすくなっているので運動靴のこちらは結構剣呑な思いもしました。
IMG_2857.jpg

 それでも散歩しながら観る景色もなかなかでした。

 一周して最初に来た旅館でお話を伺うとやはりアニメが始まってからは週末を中心にお客が増えたのだそうです。
 そう言えば店内には原作マンガの単行本が置いてあって訪問者ノートもそっち系の話題で埋まっていました。

 お茶している間にも何組かのアニメファンぽい面々(とはいえ秋葉原でよく見るのとはノリが違いますが)が後ろを通って写真を撮っていきましたし。
 おそらく駐車場にいたり往復ですれ違った県外ナンバー車の何割かはそれなのでしょう。
IMG_2850.jpg

 とはいえ割合地元の私から見ても往復路は結構な気合いを要するワインディングの狭路なので、そこは注意ですが。

 ですがここで一番印象的だったのは「旅館の前を見るからに60年代テイスト溢れる丸刈りセーター姿の小学生がi-Padを構えて走り回る姿」だったりします。意外な所で意外な組み合わせを見るとそちらの方が印象に残りますね(笑)


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ゆるキャン人気で、キャンプ場も聖地になったみたいですね。ゆるキャンとスロウスタートでインドアとアウトドアに別れてるのが面白いですね。舞台は自然と都会と両極端ですし。

No title

>光になれさん

 ゆるキャンは先日、上記のブログでも取り上げた行きつけの床屋さんに久しぶりに行った折、そこのご店主さんも話題に出していました。
 そう言えば行きつけのイ●ンでもキャラクター商品を売っていて、正直驚きましたね。

 「ゆるキャンほうとう」なんか題材的に作品世界に合ってない気もしないでもないですが(笑)
 スロウスタートは原作の絵柄に合わせた作画が割合いい雰囲気を出していますが、原作の絵柄をブラッシュアップしたゆるキャンとはその意味でも対極的ですね。