Nスケールで「あいつがトラブル」

 先週末は私の所属するクラブでイベント運転会、東京では「鉄道模型芸術祭」と魅力的なイベントが重なっていたのに仕事の関係で出られず仕舞い。
 先日は半ばやけっぱちに手を使ったのですがこれがまた大惨事の出来だったりします。今回はまあ、恥さらし企画という事でご勘弁をば。

 トミカよりはるかに小さいカーコレクションでバカな真似をした話から。

 先日Nゲージスケールのカーコレクションの新作で「Y30グロリアバン」がリリースされました。
 通常品はシャンパンゴールドのカラーなのですがかつて放映された「あいつがトラブル」に登場するY30セドリックのワゴンにリペイント・改造する事を思い立ちました。

 因みに「あいつがトラブル」については以下のリンクを。
劇用車に見るアクションドラマ「あいつがトラブル」
DSCN5288b.jpg

 それにしても、長さがトミカの半分以下、容積で8分の1程度?それこそ小指の爪ほどのサイズのカーコレの改造がいかに無謀だった事か(汗)
DSCN5281b.jpg

 ボディカラーの塗り替えはともかく窓枠やモールの塗り分けは苦労の割に報われないレベル、後付けしたルーフレールに至っては1ミリ角のプラ棒を唐竹割するなんて(私にとっては)無茶をする羽目になりました。

 なので出来に関しては大惨事としか言いようがありません。

「あいつがトラブル」の劇用車でY30セドリックワゴンの他に印象的だったのは「U11ブルーバードNISMO仕様」でした。

本作の放映当時ブルーバードは既にU12にモデルチェンジしていたのですが、この頃に日産の中古車部門がU11の前期型にNISMOのパーツを組み込んだ特別仕様車を売り出したことがありました。
エアロパーツのみならず足回りにまでチューンを施したカスタム中古車という当時としては斬新な車でした。

この仕様のブルーバードが本作の前半でセドリックワゴンと並び覆面パトカーとして活躍していたのですからすごい話です。

 さて、Y30を改造したならこの仕様のブルーバーも・・・と思いたいのですがあいにくトミカでもカーコレでもU11ブルーバードは製品化されておりません。
 (但し通常品トミカではなぜかワゴンが出ています)
 ましてや今回の計画ではレイアウトのミニシーンに使う腹積もりですから、できればNスケールだと有難い訳です。

 そこで思い出したのがマイクロエースの「カートレイン」でワキに搭載されていたブルーバード910タイプ。
 劇中のU11同様4ドアHTなのでごまかしも効きやすそうです。

 大体、U11自体モデルチェンジでFRからFFへ大転換したにも拘らず前の910とスタイルがほとんど変わらなかった為に販売不振に陥ったと言ういわくつきの車だったりします。
 かつて、ある企業本で新車発表会に来たユーザーが目の前に実車がいたにも拘らず「新しいブルーバードはどこですか?」と訊いてきたというエピソードが紹介されていましたし。

 ただ、この場合にはこのそっくり度は好都合です。
DSCN5284b.jpg

 こちらはボディを黒にリペイントし、トランクにリアスポイラーを追加。
 スポイラーは0,5ミリ厚の透明プラバンを使い厚みの部分がシースルーに見える様にと試みました。
 大した効果はありませんでしたが(汗)
DSCN5283b.jpg

 むしろ910とU11は一見似ている様ですがボンネットの厚みがまるで違うため単に910のライトを細めにするだけではU11っぽくならないのが問題です。
 今回の素材となったマイクロの910はカーコレと違いプラスチックの無垢に近い素材なのでボンネット前端部分を薄く削る事で少しは似せられそうです。
 気休め程度ですが、やってみると前よりはましになりました。
DSCN5285b.jpg

 上の写真に出ているZ32は織田裕二扮する城野刑事の私物として本編後半に登場する覆面車ですが、カーコレのZ32に銀色が無かったのでこれまたリペイントの羽目に(汗)
 それにしても自家用車を覆面パトカーに使って良い物かはよくわかりません(笑)

 しかもこれだけ揃えたのに一番肝心な南野陽子扮する美咲刑事の乗るフィアットウノだけ都合できませんでした。

 Nゲージスケールでは似たクルマすらなかったのが痛いです(汗)

 出来は大惨事な上に文字通り画龍点睛を欠くと言う奴ですが、自己満足感だけはそれなりにあったりします(大汗)


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント