憂さ晴らしにレンタルレイアウトに行く(汗)

IMG_2908.jpg

 昨日も書きましたが、先週末は地元のクラブの運転会やら東京での興味あるイベントとかいろいろ重なっていながら仕事やらお彼岸の行事やら組合の総会やらで、どれにも参加できなかった残念感がありました。

 その憂さ晴らしという訳でもないのですが(いや、少しはあるのかも)この間の平日休を利用して先日来紹介している近所の鉄道カフェにありますレンタルレイアウトに車両を持ち込んで運転してきました。
 実を言いますと、クラブやら集まりの運転会でレンタルレイアウトに行った事は何度かあるのですが私個人がお金を払って運転に行くのは今回が初めてだったりします。ですから経験としては新鮮ではあります。
IMG_2909.jpg

 持ち込んだのは歴代の近鉄ビスタカー。
 今回の運転がパイロットケースという事もあってコンディションも素材もメーカーも異なる組み合わせでお試ししてみるというノリになりました。
IMG_2913.jpg

 線形は単純なエンドレスながら大径カーブを駆使したゆったりした配置でフレキシブルレールを使うメリットをフルに感じさせるものです。コンディションの異なる動力車を交互に走らせるとどれもスケールスピードに近い速さをストレスなく走ってくれました。
 ただ、エンドウの旧動力搭載の奴は走りっぷりはともかく騒音が物凄かったですが(汗)

 風景もそこそこ作り込まれていますしビューポイントの設定にも意を尽くしているので観ているだけでも楽しめます。山あり街並みあり川や海らしいところまであります。

 私の手持ちの小型機関車でもミニカーブでは調子が出せないのに標準カーブでは生き生きと走ってくれるものがありますから案外、小型機の編成でも愉しめそうです。 してみると必ずしも長編成、フル編成に拘る事もないかもしれません。
IMG_2910.jpg

 レンタルレイアウトのロングランコースを初めて使ってみて気づいたのですが意外に死角が多い事。運転中に列車がどの辺を走っているのかわからないポイントがいくつかありました。これなどはシーナリィ付きの大レイアウトの宿命みたいなものでしょう。

 場合によっては運転席にライブカムでも仕込んでそうしたポイントが監視できる物があればいいかもしれませんし、この店に関して言えば無線によるウォークアラウンドにも対応しているようですのでそれを使って好きな所から運転するのも一方かもしれません。

 そんな事なんかを考えているうちに予定の時間はあっさり消化されました。
 自宅のレイアウトや運転会のモジュールとも違うコースで自分の車両を走らせるのはかなり新鮮な体験ができたと思います。
IMG_2912.jpg

 実は近場にはこのほかにもレンタルレイアウトが複数あるので一度全線制覇ツアー(と言っても全部回っても3か所ですが)でもやってみようかと思います。


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

鉄道ファンは、人に迷惑をかけない。ですよね。

サイトの記事調べて思ったんですが、鉄オタの中でも模型鉄と呼ばれるタイプの様ですね。今日買ってきたキップでゴー、あの新幹線を追えの主人公が言ってた事ですが、鉄オタの中には撮り鉄、音鉄、そして模型鉄の3つが有名の様です。シンカリオンのハヤトは乗り鉄ですね、電車に乗るのが好きなタイプ。

Re: 鉄道ファンは、人に迷惑をかけない。ですよね。

> 光になれさん

 今の人口構成からすれば一番多いのは「乗り鉄」ではないかと思います。何しろ切符代以外の投資が少ないですし、間口も一番広いですから(笑)女性比率が一番高いのも乗り鉄ではないかと(絶叫系の女性撮り鉄がいたらこれはこれで怖いw)
 言ってみれば一番「ゆる鉄」化しやすいジャンルでもあります。

 ですが模型鉄(と言う呼称もありますかw)も鉄コレとBトレの登場以来そこそこゆるい方向に行っている気もしますね。
 個人的には間口が広がらないと深さも出ないと考えているのでこういう傾向は悪くないと思っています。