FC2ブログ

身延線の90周年に…

IMG_2945.jpg
 先日身延線が全通90周年を迎えたそうです。
 沿線地域で先日終了したアニメが話題になった事もあって望外の景気が付いてきた様子。先日運転された記念列車では車内でそのアニメの解説付き観光案内らしいこともやっていたらしいです。

 私はそれには乗れませんでしたが、この線のかつてのターミナルだった駅舎を使って記念の展示会が催されたと聞き、早速出かけてきました。
IMG_2946.jpg
 見るからに堂々たる作りの駅舎ですが、昭和3年の開業時からずっとこのままで続いてきたとの事。当時は身延線の前身の富士身延鉄道の本社も入っていたそうですからその貫録も納得です。

 ただ、それほどの駅にも拘らず周辺部は実に寂しいものです。かつては駅前にはつきものだった駅前旅館はもとより交番とかコンビニすらないのですから夜になると寂しい事夥しいであろう事は容易に想像されます。

 展示会はその駅舎の二階。今は殆ど使われないスペースらしいです。昭和初期の鉄筋建造物で壁が分厚いせいか、外が汗ばむくらいの陽気なのに室内はひんやりしていました。
IMG_2951.jpg
 普段ならまず見られないであろう「二階から見下ろす駅構内の俯瞰」
 この駅は現在でも車両基地を有する拠点機能があるそうで、かつてのターミナルらしい面影が随所に感じられます。
 展示物は身延線の歴史パネル・写真関連から職員の持ち込みによる鉄道模型の展示・運転、プラレールの運転などがなされていましたが、目立つ特徴のない展示な上に初めて入る場所なのに不思議と懐かしさを感じました。

 この懐かしさはなんだろうと考えてみたのですが、思い当たったのがかつて国鉄時代の駅や機関区でよくあった「一般公開」のそれによく似ていた事です。機関区の一般公開は言ってみれば「鉄道マンの文化祭」みたいな性質がありましたから職員が愉しんで展示しているのが伺われてその雰囲気だけで結構楽しかったものです。
 今回の展示会でもそれと同じ空気が感じられたのは偶然ではないのでしょう。

 (これに鉄道職員の絵画とか工芸とかの趣味の展示でもあったらなお賑やかだったろうなとか思います)

 このイベントは休日を中心に5月の連休頃までやる様なのでもう一回くらい行ってみようかと思います。


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

身延線

 スカ色の旧国が懐かしい。
撮りに行きましたし乗りました(首振り扇風機の熱風?がグッド?)
パンタグラフ部分がザックリと切り取られたような形態が忘れられません。
後継車が115と聞いた時は、ここもコイツか~と思いました・・・御殿場線も72系から115でしたから。
ところで光山市交通局さん旧国そして事業用車の低屋根部分~何か連想しませんかw
答えは未確認生物!
単刀直入に言うとネッシーに似ているんですねw
何故かと言いますとネッシー写真の大半は湖面から出た首と2つくらいのコブ!
両端のパンタ部分を削られたクモヤ90、クモヤ22を始めとする改造車・・・横から見るとネッシーのシルエットと重なります。
しかも茶色と言うかマルーン色に屋根は絶縁用のイボビニールでガサガサ・・・ソックリです。
しかも普段は車庫の隅か検修庫の中に居てマレに見え易い引き込み線か留置線にいると私は見た撮ったとの情報w
私も結構撮りました。
まさにネッシークラスの車両です。

No title

>星川航空整備部さん

 身延線で私が見かけていたのは115系以降の時代なので低屋根の旧国は馴染みを作れなかったのが残念です。
 モハ62系ですらすれすれで見られなかったですから。

>絶縁用のイボビニールでガサガサ・・
 割合最近の電車でも見かける事がありますね(だから燃えるのかw)屋根の質感が恐竜っぽいというのは面白い発想ですね。そういうの、好きです(笑)

 因みに私の故郷の岩手では旧国自体は殆どいなかったのですがクモヤ441という72系改造車が唯一の旧国電車でした。72系では珍しい(そりゃそうか)交直流対応な上に、車体改造で低屋根化されているのですが何故か身延線に入線できない(理由は不明)変わり種電車です。