TLVのトヨタパトロール 移動電話車

 今回は久しぶりのTLVネタから
DSCN5337b.jpg

「オイ、二十面相君、おどろいたかい。ぼくをだれだと思う? きみにさんざんひどいめにあった小林だよ。明智先生の少年助手だよ。ハハハハハ、きみは方角がちがうと言ったね。方角なんかちがうもんか。行く先は警視庁にきまってるじゃないか。あのオートバイと、警察自動車に護送されて、警視庁行きだよ。(中略)ホラごらん、あの自動車には銀色のひげがはえているだろう。イナゴのように、ピンと一本、銀の触角を立ててるだろう。あれがラジオ・カーさ。警視庁本部とたえずラジオで連絡しながら、きみを追っかけていたんだよ。教えてやろうか。あの自動車にはね、ぼくの先生の、ほんとうの明智探偵が乗っているんだよ。きみを中村捜査係長にひきわたすためにね。」
(江戸川乱歩作 「虎の牙」より引用)


 昔の少年探偵団シリーズの作中の一節です。

 ここに登場する「ラジオカー」とは先日TLVで出た「移動電話車」と同じものと思われます。
 先日トヨタパトロールがTLVでリリースされた時、パトカー仕様と共にこのタイプもリリースされたのですがその時は財布が購入を許してくれず、先日ようやく入手できたものです(汗)
DSCN5338b.jpg

 TLVの解説によるとこのタイプは覆面パトカーの先祖的な存在でエンブレムもクラウンのものが使われていたのだそうですがフォルムの段階で通常のクラウンと異なる凄味があるので覆面車として役に立っていたのかどうかは少々疑問ではあります(笑)
DSCN5340.jpg

 パトカー仕様に比べて黒塗りのそれはロングノーズの堂々たるフォルムでこれだけでも結構魅力的には見えますね。
 当時の新聞やらテレビやら(もちろんニュース系でしょうが)への露出が多かったので怪獣物を初めとして昭和30年代の映画ファンにもアピールする製品なのだそうです。
 なんだかずいぶん対象を絞り込んでいる気もしますが(笑)


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント