FC2ブログ

TLVのMS60クラウンパトカー

先日のアキバ行きで入手したアイテムから。
DSCN5333_20180411220459488.jpg

TLVのMS60クラウンバンのパトカー仕様。
実はこんなのが出ているなんて知りませんでした(汗)
いつもの私なら決して見逃すはずがないのですが。
DSCN5334b.jpg

クラウンカスタム自体は通常モデルと太陽にほえろ!仕様の後期型をそれぞれ持っています。個人的に歴代クラウンの中で最も「未来」を感じさせるデザインなのがMS60なのですが、その未来性が嫌われて売れなかったというのは皮肉でした。
DSCN5336b.jpg

バンの仕様はセダン以上にデザインが未来的で、特にテールランプ周りなどは最高にクールです(笑)パトカー仕様は下半分が黒い塗装のせいか、せっかくのテールランプ周りが沈んでしまったのが惜しまれます。

 以前ノーマル仕様のMS60が出た時にも書きましたが、フロントの造形はかなり実車の印象を捉えています。ノーマルトミカではセダンが出ていますが、この顔で出せるならTLVでもセダン仕様が欲しいですね。後期形なら尚嬉しいのですが。

にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

MS60

確かセド230と同世代と言うか、その後における両車を運命づけた世代かもしれません。
セドリックはグロリアと車体共有と事実上セドリックへ統合され対するクラウンMS60は光山市交通局さんも触れている様に前衛的と言うか
丁度、セドリック130系のフローイングボディーが今一つでクラウンMS40/50に座を奪われた状況と同じです。
セドリック130は、その後モデルチェンジしブルバードに似たフロントへ変更し大きく修正したのに対しMSは製造中止!
ですがタクシー、パトカーの需要は多かったみたいで1977年~78年頃まで割と走って居ましたが某丸太氏wの本によれば事故処理車としては80年代初めまで使われた記録が残されています。
まあ昔の警察は古い車種をパトカーに使って居て街中で遭遇するとオヤ?と言った車種多しでしたからw
そう言えば傷だらけの天使で使用される劇中車/スタントカーも60年代物の車が、これでもかと言う風に出ますからね。
あの番組結構古い車種が多いんですよw
古いと言えば、太陽にほえろ!も70年代後半なのにデンカがプリンスグロリアでカーチェイスする回ありましたよねw

No title

>星川航空整備部 さん

 仰る通り、あの当時MS60のタクシーは多かったですね(但しドラマや映画の中で。故郷ではクラウンクラスはまずタクシーになりませんでした)リアルタイムで封切上映を見に行った「日本沈没」で登場人物が「MS60クラウンのタクシーから降り立つシーン」に思わず「現代」を感じた思い出があります(何しろあの頃はチャンピオン祭りのゴジラ映画も半分以上は5年以上前の作品の再上映でしたから)

 時代が下がってアクションドラマでスタント用破壊車に旧型が駆り出される事が多くなりますが、不思議とMS60の破壊は少ないですね。
 但しドラマでのMS60パトカーはかなり長命で1984年の「京都マル秘指令 ザ・新撰組」のレギュラーパトカーにMS60がよく登場していました。
 太陽にほえろ!のカーチェイスグロリアですが何と「トミカリミテッドヴィンテージ」でそのものずばりのクルマがモデル化されています。西部警察ならともかくまさかこんなのまで製品化されるとは思いませんでした。
 この調子だとスコッチ登場編で沖雅也を乗せたまま派手にひっくり返るMS50クラウン覆面パトなんかも製品化されかねません(笑)