思い出ばなし・C61とD52「のようなもの」

 今回は数年前の車両工作思い出話です。

 ジャンク品で入線したKATOのD51とC62ですが、どちらも既に同形機を所持していたので中々活躍の機会がなくどうしようかと考えていたのですが(特にD51は動力を外しており自力走行不可)ふと、ボディと足回りを入換えてはどうかと思いつきました。
1226005867.jpg

 C62は元々D52のボイラにC形の足回りを組み合わせた機種なので逆にD51の足回りを移植すればD52風の形になりそうに感じました。
 早速実験したのが上の写真ですが、まあ、どうにかそれらしく見えるといったレベルです。
 但し、従輪が車体下部に引っかかりやすいのでカーブの走行は不可。あくまで機関区セクションの置物といったレベルです。
1226006187.jpg

 もう一方のC62の下回りのほうですがこちらはD51のボディを移植してC61風にする事を考えました。
 但し、こちらはウェイトのダイキャスト部分を大掛かりに切削する必要があるのとモーター部が豪快にキャブからはみ出してしまうのでかなりの改造が必要と見ました。
 
C61は人気の点では地味ながらも「さくら」や「はつかり」などの先頭に立っていた機関車でもあり機会があれば入手したかった機種ですが、折角素材が手元にあるならやってみようかと考えたのが運のつきでした(笑)

 C62とD51とではボイラーの直径が違い、当然動力ユニットの太さも違います。D52は動力ユニットが細身なので集電方法を工夫すればどうにかなりそうな気もしますがC61の場合は動力ユニットが太すぎてD51の車体に収まりません。

 つまり動力ユニットの切削が不可欠な訳です。

 幸いC62のジャンクがもう一両入手できたので失敗した時のリペアも少し気楽です。
とはいえ、この為に金鑢2丁に金切鋸1丁、固定用の万力まで揃える羽目になったのは何とも(笑)
1226699665.jpg

 悪戦苦闘の3時間、どうにか切削したのが上の写真です。
 これでどうにか車体に収まるかと思えたのですが、問題はこれで済みませんでした。

 切削を終えてギアとモータ、車輪やロッド類を取り付けて試走(D51と違いC62はテンダーから集電していないのでテンダーが無くても自走可能)
 ここまでやれば一安心とばかりにレールに載せてパワーパックのスイッチを入れると・・・
 たちまちパックのブレーカが落ちました。何度やっても結果は同じ。どこかでショートしているのです。

 原因は左右分割のウエイトにあったようです。

 ウェイトの左右の二つのパーツの間にプラのスペーサー(うっかりすると見落とすほど小さい奴があります)が挟まり二つをつなぐねじも金属製ながら一旦プラのカップリングに挿入してからつなぐようになっていました。最初はこの意味が解らなかったのですがよく考えるとこれらの装備は左右のブロックを完全に絶縁する為の物でした。
 つまりウエイトの部分を通電材として使っていたようなのです。
(スペーサ部分以外は単に「隙間」で処理されていたのでよもや通電しているとは考えませんでした。我ながら間抜けな話です)

 更に切削したブロックがD51の車体より微妙に大きかったので被せた車体がブロックを締め付ける形となったために予想外の処で左右のブロックが接触していた可能性もありました。

 結局再度ばらして切削・組み建て直しです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント