FC2ブログ

トミカプレミアムのキャディラック

今回はミニカーのはなしです。
DSCN5473b.jpg

先日、レパードと一緒に購入したプレミアムはキャディラックエルドラドビアリッツ(長いな)
アメ車のオープンカー、それも50年代、60年代丸出しの車がトミカで出るとは思いませんでした。
ピンク色のキャディラックは浮世離れ度では随一!
DSCN5475b.jpg

おそらくトミカでは最大級の巨大なテールフィンがこの車のキャラクターを雄弁に語ります。
こういう何処か突き抜けた様なクルマがコレクションに入るというのはある意味精神衛生上とてもいいことの様に思います(笑)
DSCN5474b.jpg

75分の1というスケールはギリギリで16番スケールにも使えるレベルです。

現在企画中の16番セクションにこれを組み込んだらどういう事になるか、今から楽しみだったりして。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

やややw

ここはトロイ・ドナヒューさんのブログでしたかw
1950年代一直線ですよ!
そうそうオープンカー繋がりで東宝/海の若大将に出て来る青大将こと田中氏が運転するオープンカーとガラモンの逆襲で万城目一行がセミ人間+沼田運転手トラックwを追跡するオープンカーが同一車両の気がします。
どちらも1965年制作で若大将が6月~7月位に作られガラモンの逆襲も9月~10月が製作時期なので。
丁度、Q以降の特撮物には制作会社を問わず1965年~1969年頃でも50年代アメ車(インパラ、フォード)と結構出て来るケースが多く恐らく65年以降に国産セダンの進出によって型落ちした50年代アメ車がスタントカーや撮影用車両として安価に出回った事がらが響いていると思います。
国産車編だとQバルンガでも万城目が運転する初代プリンススカイラインと交差点に終結した初代クラウン(55年形式)を始めとする車です。
で、この全てを一瞬で?観られる作品が007は二度死ぬ1966で大里ビルからMS40に追跡されカーアクションをする2000GTが走るシーンで大里ビル/Hオオタニから俯瞰で撮った後にインパラオープンカーが左手を行きスバル360を抜く様に2000が抜き去り住宅地内チェイスでは64年ムスタングそして塀越しに駐車している初代プリンススカイラインが見れます。
結構バッチリと映るシーンで貴重な作品です。
インパラと言うとセブンでもテぺト星人の回で河童クラブ一行様がww

No title

>星川航空整備部さん

 「007は二度死ぬ」ネタはかねて温めているのがふたつみっつあるのですが、なかなかタイミングがつかめません(汗)
 カーチェイスシーンは私もなかなか印象的なのですが車種はもとよりですが「あの頃の東京近辺の道路整備の悪さ」のイメージも強いです。

 60年前後はクラウン、セドリックを筆頭にモデルチェンジでロー&ワイドにプロポーションが激変した時期でもあるのでほんの数年落ちのクルマでもかなり古臭く見えますね。
 ずっと後2005年の西部警察スペシャルに10台近く登場した破壊車のパトカーは15年落ち以上の旧型車ばかりだったのにそれほど古臭く見えなかったのと対照的です。