ミニトリックスの記念貨車のはなし

SNShouo71IMG_3276.jpg
 今回は10年位前の入線モデルのはなしです。
 帰宅中の中古ショップで一両だけぽつんと置かれていたものです。
 田舎ということもあってか地元の中古ショップに外国型の車両(それもブランド品)が並ぶということは殆どなく、私自身当時は外国型には余り手を出さない性質だったのですが、今回の車両には妙に心惹かれました。

 物は西ドイツミニトリックスの有蓋車ですが絵柄などから推測するにミニトリックスの創業40周年記念モデルのようです。
SNShouo71IMG_3277.jpg


 サイドのイラストから見て99年モデルという事でしょうか(するとそろそろ70周年という事になりますね)Nゲージで当時これ位の印刷をするのは結構大変だったのではないかと思えます。
 1959年のモデルとあるT3蒸気機関車は先年うちの路線にも入線していますが、当初は「手押しの無動力玩具」としてスタートしていたという代物。後に「何度か金型改修を重ねてテツドウモケイらしくなって行った」といういわくつきのモデルでした。
 実際、うちの手持ちのT3と比べると「ロッドがねえ、バッファがねえ、運転席に窓がねえ」というまるでおら東京さ行ぐだ状態です。

  99年当時の最新モデルの写真はあたかも「5軸のキューロク」みたいな重厚感あふれるモデル。T3とは細密感の桁が違います。

  ちなみに裏面はドイツの鉄道(DB)博物館の100周年らしき表示があります。
 貨車として使うには大きさのバランスの問題などありますが、イベント用ラッピング車と考えると結構使えそうな感じがします。

 ・・・でも何に牽かせようか、これ(笑)

 2,3年前から各メーカーのモデルイヤーラッシュで●●周年記念モデルが次々と出ましたが、こういう遊び心のあるものは少なかったですね。強いて言えばトミーの75周年モデルのED75位でしょうか。しかもショップの売れ残りっぷりから言ってあまりユーザーはこの手のお遊びを好まなかったようです。

 日本のマニアは生真面目というか、超細密の記念モデルを好む傾向が強い様ですね。


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント