「C61&D52のようなもの」を作ったはなし・2

1226864045.jpg

 前回の続き・C62とD51のボディコンバートのはなしです。
 C61タイプの方から。
 次の工程は主に外観に関する部分です。
 厳密には今回のモデルと実際のC61とは長さやランボード等に相違点があるようですが、今回は目立つ部分を中心に加工してあります。
 先ず、D51ではヘッドライト直後にある給水暖め機を取り外し、跡をパテ盛り整形。
 密閉式キャブを表現する為にドア部分をC62の車体から移植しました。これは同時にD51のキャブのままでは豪快にはみ出してしまうC62のモーター後部を隠す役目もします。

1226864029.jpg


 とりあえずここまでで一段落つけることにしました。


 キャブのドア部分などに造りの雑さがもろに出ていますが、私にとって初めての蒸気改造としてはまあまあ(製作過程での失敗が実に多いのですが)といったレベルでしょうか。


 一方、前回までの段階では単に「C62のボイラをのせただけ」だったD52タイプですがC61の進行に合わせて改修を行ないました。
1226954928.jpg

 C61から切り出した給水暖め機を移植。反対にC62からはキャブのドアを外して移植しました。
 テンダー台車はジャンクのトキ15000から移植。
 一番の加工点は車体下部のD51の従輪に干渉していた部分を切り継とカットで修正しカーブを曲がれるようにした事です。

 真横から見るとそこそこD52っぽく見えますが、ボイラ前面を加工していないので斜め前からの雰囲気は違って見えます。
 一番の問題は自走できないので今の所手持ちのD51に押してもらう他に走る方法が無い事ですか(笑)
 とはいえKATOのオーバースケールD51などとの組み合わせでは最大に威力を発揮します。
 (マイクロとの組み合わせでは大きさが違いすぎるため)

 ですがあれからマイクロのC61が再版されたりD52もこの頃よりは入手しやすくなってきているので今となってはあまり意味のない工作ではあるかもしれません。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント