PAの定食を巡る・1

 この冬から春にかけて高速のラーメンのネタで引っ張りましたが、この夏は定食で引っ張る事になりそうです。
78ADB2FC-74BF-41B9-828D-FDFE9041A0D7$L0$001~photo

 この間から平日限定で「6食食べて1食ただ」というスタンプキャンペーンがスタートしていると聞き早速出向きました。
 私にとっては平日休の数少ない役得と言えるキャンペーンだけに見逃せません。

 特に時間帯の指定はなかった様なので先日は昼食と夕食を食べに別々のPAに出向きました。

 金額が条件を満たせば何を食べてもいい様ですが、やはりここは定食かセットメニューでしょう。
 ただ、ここで失敗したのは最初のPA。
A7124FEA-8F57-4E5B-9D80-82F23CDB1167$L0$001~photo

 なにが悲しくて「この蒸し暑い最中に味噌ラーメンとカレーどんぶりのセットなんか頼んだのか」
 味がどうとかいう以前に「大汗が止まらない」と言う間抜け極まりない事になりました。
 冬食べたラーメンは最高だったのに。

 流石に夕食はその轍は踏みません。
 夕方帰宅してきた子供を連れて別のPAへ。
BCE1F822-A595-48D1-AD8C-0A3EC2646C89$L0$001~photo

 一種のジンクスと言うか法則として「定期便のトラックがいっぱい停まっている食堂にまずい物はない」と言う定説があります。
 同じ事は高速のPAにも当てはまりましょう(と言うか一般道よりも食堂が少ないだけよりシビアとも言えます)

 行きつけのPAはまさにその条件にあてはまる所でして「海から遠く離れているのになぜか焼魚定食がうまい」ところです。
 入店するといつも魚を焼く香ばしい匂いと厨房の奥のコンロで魚の脂の発する炎(これは美味い焼魚屋さん必須の風物ですね)に出会えるという一種の別世界でもあります。

 焼魚は3種類のメニューのうちひとつかふたつが日替わりなので毎日食べても飽きる事はないでしょう。
 ただ、調理で大抵は10分か20分は待たされますが。

 ですが今回選んだのは焼魚に非ず。
437FD5AA-E868-4A66-B7B9-BD05FF64C44E$L0$001~photo

 ここのもう一つの自慢である「卵焼き定食」だったりします。
 これもまた調理で10分くらいは待たされますが実際それだけの事はあります。
 メインの卵焼きのふっくらした味と付け合せのおろし大根のハーモニーは何とも言えません。

 卵焼きよりでかいのでまるで「のり弁の白身フライ」みたいな存在になっているコロッケもなかなか。
 これで1食680円也とは安い。
 ただ、これでは前述のスタンプの条件を満たしませんから子供には生姜焼き定食を奮発しました。
 焼魚も良いですが肉料理もそこそこ・・・ってこれではまるで死角がありません。
 この店で一番まずいのは何だろうとか余計な事を考えます。

 帰りがけには同じPAの名物のジェラートを食べながらベンチで涼んで帰宅。

 前にも書きましたがこのPAは裏からも入れるので高速に用がなくとも重宝します。

 という訳で9月頃まで折を見てPAの定食ネタで引っ張ってみようかなと(なんて安直)

にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント