FC2ブログ

思いでの昭和ヒーロー・番外編「江戸川乱歩シリーズ・明智小五郎・1」

 東映の特撮ヒーローは最初の七色仮面を除くと、原則「子供がヒーロー」か大人のヒーローでも「子供との接点が多い人物がヒーロー」と言うパターンが非常に多いと思います。
 悪魔くんやジャイアントロボは前者ですし、キャプテンウルトラやナショナルキッドなどが後者、両方の折衷で成功したのが赤影ではないかと思います。

 その転換点にあったのが仮面ライダーで、ごく初期の話では子供は原則ゲスト扱いで大人だけで展開する話も多かった点でそれ以前の作品にないアダルトチックさを売りにした初めてのヒーローになったと思います。
 以後のキカイダーやズバット、ゴレンジャーなんかではレギュラーに子供がいなかったり、いてもマスコット以上の扱いにならなかったりしています。

 これはストーリーのハード志向がある程度大人向けアクションドラマの実績のある東映の作風に一致した事で、子どもの存在が有機的にドラマに絡みにくくなった(あるいは子供が活躍できなくなった)事も意味していると思います。
 子供向けと大人向けのドラマの演出、作劇の境はこの前後の時期から徐々に融合し始め、21世紀になると「オトナが観ても(と言うか半ば大人向け)違和感がないライダーや戦隊」なんてところまで来ています。

 ですがそれにしても仮面ライダーとそれ以前のヒーロー物では落差が大きすぎる。
 この間はたった二年弱。その間に何かかあったのではないか?悪魔くんと仮面ライダーの間の時期に何かこのふたつを結びつける作品があったのではないか?
 そんな疑問を感じていた折にCSで放映されたのが
P8170386.jpg

 「江戸川乱歩シリーズ・明智小五郎」(昭和45年、東京12チャンネル 東映)でした。

 滝俊介(のちの溝口瞬亮)演じる明智小五郎と後の東映社長の岡田祐介扮する小林青年、山田吾一の浪越警部とその妹の亜沙子(橘ますみ)が様々な猟奇犯罪者と知恵と業とのぶつかり合いを演じるのが基本ストーリーです。

 街を歩いていてこういうことを考えたことはありませんか?
 あなたの周りはみんな見ず知らずの他人。これから何処で何をしようと誰にも気兼ねはいらない。
 しかしその反面、あなたの近くにどんな人間がいるかわからない。今、あなたの隣に恐ろしい妄執に取り付かれた殺人鬼がいるかもしれない。
 いえ、脅しではありません。現代にはそんな例はいくらもあるのです。

 
 というOPナレーションが本作のコンセプトを端的に語ります。

P8170388.jpg

 この作品は江戸川乱歩のアダルト向けエログロ路線のミステリを映像化したもので第一話から「怪人蜘蛛男の手に掛かる被害者が片っ端から裸女のオンパレード」という見る人によってはとんでもないドラマに見える代物です。
 登場する犯人も緑色のマスクを被った「緑衣の鬼」とか四肢を切断し義手義足をつけた「芋虫」ある国の金鉱で一粒の金を盗んだばかりに全身に入れ墨され、以後富と黄金を憎むようになった「黄金仮面」(これについては後述)などなど仮面ライダーの怪人のルーツみたいなキャラのオンパレード!
P8170387.jpg

 本作自体が江戸川氏の奇形志向、被り物、仮面志向の映像化なのでこういう展開になるのは当然なのですが、怪獣や妖怪とは異なる「人の業の具象化」としての怪人・犯人というのはライダーの「改造人間」キカイダーの「人造人間」的な部分も確かに持っていると思います。

本作に登場する犯人たちはいずれもどこかしら変態的だったり普通にない業を背負ったり、その生い立ちから何かに対して強烈な憎しみを抱いているエキセントリックなキャラクターが多いのですがそれを端的に体現しているのが前にも触れた黄金仮面です。
 かつてとある国で金鉱掘りをしていた際に金一粒を盗んだために、顔から体の隅々まで罪人の証である入墨を彫られた事から黄金に対して異常なほどの憎しみを抱くようになったという強烈なキャラクター!

P8170389.jpg

 そして彼を演じたのが、翌年郷秀樹を演じる団次郎というのが驚きです。団氏自身後に別な作品で二十面相も演じていますが、黄金仮面ことジル・パギオのキャラクターはそれらをはるかに凌駕するピカレスク、且つエキセントリックなキャラクターで強烈な印象を残します。
 本シリーズでは二十面相と並んで複数回登場する黄金仮面ですがある意味シリーズのもう一つの顔と言っても良いかもしれません。

 そしてそのキャラクターは確実に改造人間としての業を背負った本郷猛のそれと重なるところがあります。

 ここまででもだいぶボリュームを使っていますが本作の特異な点はそれだけにとどまりません。
 それについては次回に!

にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント