日産テラノのはなし2

DSCN1640.jpg
 TLVのテラノにドレスアップバージョンといいますかメーカーOP装着車がリリースされました。
 R3mの中期型に乗っていた私にとっては前回のノーマル以上に嬉しいものです。

 ダッシュボードの3連メーターのモールドが付いているのにまず懐かしさを感じます。
 (実用上は高度計以外ほとんど無意味でしたが)
DSCN1639.jpg
 90年代中期のクロカン四駆ブーム(SUVなどと言う言葉はなかった)のシンボルがこのグリルガードと大型フォグランプでした。私のには付けませんでしたが。
 セダンベースのSUVと異なりフロントのオーバーハングが短く見た目よりも取り回しがいいのがクロカン四駆の特徴でしたがこんなものを付けるとせっかくのメリットが生かせません。

 それなのに私の亡父はミニバンのイプサムで「フルエアロの車体にグリルガード+フォグランプ」という息子から見ても理解不能なドレスアップをやっていた事があります(笑)
 イプサムの四駆の初期型は四駆のシステムに凝りすぎたため、5ナンバーサイズなのにパジェロのロングよりも最小回転半径が大きかった上にこれでしたから取り回しの悪さは天下一品で車庫入れの度に苦労させられた記憶があります(後期形では小回りは幾分効きます) 

DSCN1638.jpg
 スペアタイヤキャリアはかなりのユーザーが取り付けていました。
 実際、室内置きにしてしまうとラゲッジスペースがかなり狭くなる上に斜め後方の視界を悪化させるウィークポイントがあったのでこれは当然と言えます。
 ガラスハッチが跳ね上げ形式で開閉するのはこの場合有難いポイントでした。ライバル車と違い雨の中での出し入れが少し楽でしたから。(実際はウェストラインがかなり高いのでそれほどでもない)

 そういえばサイドステップはただ付いているだけで実用上殆ど役には立ちませんでした。
 車体のふくらみが強いため相対的にステップが引っ込み気味だった為です。

 と、欠点ばかり上げた気がしますが(汗)個人的には非常にお気に入りのクルマでした。
 道路上での足回りの軟弱さもピレリのスコーピオンを履かせるとかなり改善されましたしDEでも大陸的なゆったり感がある乗り味でしたのでのんびり高速を流すのが楽しい車ではありました。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント