FC2ブログ

中年豚野郎はラーメンで野菜の炒めを選ばない(笑)

年末恒例の平日休秋葉探訪ツアー。
IMG_4037~photo

 とはいえ今回はことのほか時間の制限が大きく大したところは廻れませんでしたし、ほとんど何も買っていません。
 (BDの生ディスクとかカメラのSDカードとかは買いましたが別にこれは現住地でも買えるものですし)
 ちょうど行きつけの中古ショップが棚卸中で大したものが無かったりとか、かねて狙っていたあるアイテムがタッチの差で売り切れになっていたとかもあったのですが。

 では秋葉で何をしたかと言いますと、

IMG_4041~photo
 

 「豚野郎を食べてきた」本当にそれだけです。
 今年の初め某ラーメンアニメで取り上げられたのを観て「そういえばそんな店があったな」とか思っていたのですが、秋葉という所自体「飯を食べる」と言うイメージから相当に遠い所にあったのと暑い時期にわざわざ熱いラーメンは食えないという事情もあって今日まで延び延びになっていたものです。
 実はこの店、隣はぽちの秋葉原店、次の角を曲がるとポポンデッタ本店、おまけに店の向かいはまんだらけという「中古の鉄道模型漁りをやったついでに食べに行く」には実に好適なロケーションにあったのですが・・・

 店内の券売機で定番の「豚野郎」を注文
 常連さんはトッピングやら付け合せやらで自分流にするらしいですが、一見の私はとにかく通常、どノーマルの豚野郎を頂きます。

 待つ事暫し
IMG_4040~photo

 出てきた豚野郎は噂に違わぬボリューム。
 スープも豚骨こってり系ですが、かといってそうどろりとしていないので私の好みにはあいます。
 面はわたし的には太麺固めの印象で最初は違和感がありましたがこれが肉との相性が抜群の食感でした。
 合間合間に野菜を合わせながら食べると、食べる流れの中で色々な食感のバラエティも楽しめ、飽きません。これも結構な発見でした。

 (因みに周りのお客は野菜を炒めで注文していましたが、自分の場合これ以上脂身を増やすのは(専らカロリー的にw)得策でないと思い茹で野菜を選択しました。今回のタイトルの由来はこれです)

 まあ、上記のような御託はさておいて素直に「美味い!」と言う一言で済むラーメンでした。

 唯一、私にとってのこれの急所はこってり系だけにかなり胃にもたれやすい事。
 朝の11時過ぎに食べたのですがその後それなりに歩き回ったにもかかわらず夕食時でも腹が減らないというある意味御利益が(汗)

 いずれにせよ私にとって適当な立地の所でまた来たいと思える昼食の補給処があったのは有難い事です。
 夏場にこれを食べるのは汗っかきには酷なので冬場にまた来ようと思います。
IMG_4039~photo
 うちの職場にも伊藤園の自販機があるのですが、右側はともかく左側のイラストは何故かありません。
 やっぱりロケーションによって広告を変えているのでしょうか?(うちの職場は萌え系があまりにも似合わない環境ですw)


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

青春ブタ野郎は、バニーガール先輩の夢を見ないに引っ掛けたシャレですね。しかし豚野郎って言う名前のラーメンがあるのも驚きですが、これがノーマルなのはもっと驚きました。

No title

>光になれさん

 何しろ店の屋号が「野郎ラーメン」ですから(笑)
 ノーマルでこれなら「フルトッピングのメガ豚野郎」なんぞは私の想像の域を越えます(幸か不幸かそれを頼む客が居ませんでしたがw)

>「青春ブタ野郎は、バニーガール先輩の夢を見ない」
 最初タイトルの印象で思いっきり引いてしまった口(笑)なのですが、実際の作品はSF的不思議事象が主体の意外に手堅い作品でした。
 少しだけ「少年ドラマ」的なテイストも感じます。
 土曜夜11時半と言う私にとってのゴールデンタイム(恥)の放送なので折に触れて観ています。