FC2ブログ

トミカのハイラックス郵便車

久しぶりにTLVでないノーマルトミカネタをば。
P3220053.jpg

 皆さんは「ハイラックス」と言う名前を聞いてどんな車を連想なさるでしょうか?
 80年代ならファッショナブルなピックアップ、90年代ならクロカン四駆ブームの一翼を担ったサーフを連想される向きも多いでしょう。

 ですが70年代以前なら(つまり私の幼少期に重なる時代)ハイラックスと言ってまず連想する車は「真っ赤な郵便車」のそれでした。
 当初、乗用車主体で展開していたトミカのラインナップで「手近なはたらくクルマ」というとクラウンベースのパトカーやタクシー、ハイエースやTN360に代表されるコマーシャルバンがメインでした。
 クラウン救急車辺りからオリジナルのボディを架装した特装車がぽつぽつ登場するようになるのですが、ハイラックスの郵便車もそうした流れの上にある1台です。
P3220057.jpg

 60~70年代はこういう郵便車が普通に街角で見られたものです。
 運転席から後ろの明り取りの窓が並ぶ独特な構造は鉄道車両の郵便車に通じるこの車の個性。
 加えて救急車とは異なる独特の丸みを帯びた荷台周りのフォルムはまさに「あの頃の郵便車」をダイレクトに連想させます。

 当時の私もこのトミカが出た時に真っ先に飛びついたものです。

 写真のモデルは後から出た復刻モデルですが、初期モデルは確かフロントバンパー上に郵便マークの標識がモールドされていたと記憶しています。
 当時から「あの頃のハイラックスの印象を的確に表現していたフロント周りの造形」が印象的でこの頃のトミカの中で個人的に傑作モデルだったと思います。

 後にクラウン救急車が(恐らく金型破損?)リリースされなくなったピンチヒッターなのかこのハイラックスが無理やり「救急車仕様に改造されてリリースされた」のにはびっっくりしました(笑)
 確かに似てはいますが当時を知るものからすればやっぱり違和感しかありません。
P3220055.jpg

 余談ですがこのハイラックスのスケールは64分の1なので数値上、TLVと並べて楽しめるスケールにもなっています。
 また、シャシの構造からみて郵便車のベースはピックアップだったと推察されますが腕に覚えのあるモデラーなら後ろ半分のボディをカットして荷台を組み合わせれば「あの頃の酒屋か八百屋さんのトラック」にもできるのではないかと思います。

 ・・・今思ったのですがこのハイラックス、カーコレのNゲージスケールモデルで出ない物でしょうか?建物コレクション第1弾のクラシカルな郵便局の建物が年代的にぎりぎりで似合う郵便車と思うのですが。


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント