FC2ブログ

「令和」直前の中野

 前回の続きです。
 秋葉での用を済ませて総武線各停で直行した先はとあるテレビ番組で「西の秋葉原」と称されている中野です。
 (でも考えようによっては秋葉原こそ「東の中野」と言った方が良いかもしれませんw)
IMG_4585~photo
 ブロードウェイの入り口の看板。
 他ではここまででかでかと新元号を飾っていませんでしたがこの絵柄で奉祝するところは流石中野ですw
IMG_4584~photo
 同じくブロードウェイ脇の自販機。
 自販機までもがブロードウェイを主張する所はいいとして「絵柄の細かさに眼がちかちかしてどれが商品だかわからない」のが凄い。
 言うまでもなくブロードウェイはそれ自体がマニアショップの塊、オタクのショッピングモールみたいな所で、某古本屋で「昭和40年代恐怖マンガを品定めしている小学生女児」とか「ジオンの将校服で闊歩する白人のおっさん」とか「やたら難しい顔をして昭和初期のミステリ小説の品定めをしている大学教授風のおじいさん」とか秋葉原でも見掛けない様な風景を拝める場所です。
IMG_4586~photo
 ところがそんな聖地の入り口にいきなり「大菩薩峠の看板がディスプレイされている場違いさ」も共存しているのが面白い。
 IMG_4587~photo
中野の連携先の山梨県甲州市のディスプレイらしいですが、これを見て「じゃあ甲州市に行こう」と思う様な客がどれだけいるかよくわかりませんw(地元の区民ならそう思うのかも)
 因みにここの地下は普通の食品スーパーなので近在のお年寄りの憩いの場にもなっているようですが。

 ここでの戦利品は秋葉原の時とは違って若干マニアックなものが揃いましたが、それらについては次の機会にでも。

にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント