憧れのVHSのはなし

DSCN1458.jpg
今回は思い出のVA機器のはなし。前回はベータマックスでしたが今回はVHS編です。

 最初のビデオこそベータマックスでしたが、あの頃からビデオのシェアはVHS優勢でした。
 VHSが勝ち上がった要因のひとつとして「3倍モードで8時間録れる(ベータは5時間)」という長時間録画の要因があるのですが私にとってもこれは大きな魅力でありJ10購入直後からVHSデッキの導入は課題でした。

 とはいえまさか普及機でも15万はする代物をこれ以上親にねだるわけにも行きません。
 結局長期計画で貯蓄に励むしかありませんでした。

 こんな事をしていれば鉄道模型に回す余裕がなくなるのは自明の理で(大汗)

 幸い貯蓄している間にもビデオデッキの低価格はすこしづつ進行し、その間に音質の改良(ハイファイ録音)、ワイヤレスリモコンの装備などによる内容の充実化も図られてきました。

 私がVHSデッキを入れられたのはJ10から3年目の85年のことです。
 この年はSONYが8ミリビデオを発表した年でしたが、ファンの話題は同時発表されたハイバンドベータ(テープへの記録帯域を広げることで解像度を上げるー一種の高画質技術です)に集中している時期でした。

 そんなときにハイファイでもなければハイバンドでもないデッキを買って喜ぶ当時学生の私(恥)

 それは置いておいてですが、VHSを買うなら開発メーカーであり画質での定評も高いVICTORのデッキにする事は当初からの計画でした。
 貯金を始めた頃はHR-7100というトップローディングの今から見れば古臭い外見のデッキでしたが貯蓄の間にHR-D120(フロントローディング化)、HR-D130と目標のデッキがどんどんモデルチェンジして行きました。
 それに合わせて定価のほうもすこしづつですが下がり始めこの頃になると予定額より3万円くらい安価にデッキを購入できる当てが付いてきた訳です。

 ものは予算の都合でやはり普及機のHR-D150となりました。
DSCN1459.jpg

 このデッキの特徴(といいますか当時の世相)としてワイヤレスリモコンがあります。
 当時はビデオデッキにワイヤレスリモコンがあるというのはまだ珍しく、リモコンが付いたデッキはそうでないものよりも1万円くらい高かったものです。
 要はそれだけ当時はリモコンのコストが高かったという事なのですがこのデッキの場合「リモコンと本体の操作部を共用する」という荒業でコストダウンを図ったデッキでした。

 どういう事かというとデッキ本体の操作部が取り外してそのままリモコンになってしまうというまるで合体ロボットみたいな機構を採用していたのです。

 今のブルーレイなんかでもディスクの取り出し位にしか本体のボタンを使わない現状を見るとこれはこれで悪くないアイデアでした。
 リモコンを無くしたらお手上げなのですが、あの頃はうちの中でワイヤレスリモコンはこのデッキにしかなかったのでそのリスクもはるかに少ないものでした。

 実はVHS導入にはもうひとつ事情がありまして、この年実習で東日本の各地を転々としなければならなくなったためその間のエアチェックが「1日1プログラム」のJ10ではおっ付かなくなるという事態になっていました。

 ですから1週間以上の期間で複数の予約ができる事は必須条件だったのです。もちろんVHSの6~8時間録画のメリットもこういう状況では最大限に生かせます。


 肝心の画質ですが「3倍モードに失望、標準モードに満足」というところです。
 ベータの3倍よりもテープスピードが遅いとはいえ大味で先鋭感に欠ける3倍モードの画質に「何のための4ヘッド?(3倍モードの画質改善のために専用のヘッドを追加したメカニズム)」と思わずがっかりしたことが思い出されます。
 とはいえ上記の条件を考えれば録画ができるだけ有難いと思うほかありません。

 標準モードの方はJ10に比べてやはり先鋭感に欠けますが一方でノイズの少ないブリリアントな色のりの良さは流石VHSの開発メーカーと感心しました。
(でも標準モードで比較すると当時はベータのほうがテープは安かった)

 あとオーディオメーカーらしいというか、ベータと変わらない録音方式でありながら音質はこちらのほうが圧倒的によかったです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめteみた.【憧れのVHSのはなし】

今回は思い出のVA機器のはなし。前回はベータマックスでしたが今回はVHS編です。 最初のビデオこそベータマックスでしたが、あの頃からビデオのシェアはVHS優勢でした。 VHSが勝ち上

まとめteみた.【憧れのVHSのはなし】

今回は思い出のVA機器のはなし。前回はベータマックスでしたが今回はVHS編です。 最初のビデオこそベータマックスでしたが、あの頃からビデオのシェアはVHS優勢でした。 VHSが勝ち上