クラウンのパトカー

DSCN1769.jpg
 TLVで待望していたMS50後期形のパトカー仕様です。
 黒塗りのデラックス仕様に引き続きのリリースですがとにかくうれしいモデルであります。

 「大都会」「大追跡」などのシリーズでも活躍していたパトカーですがトミカサイズではこれまでモデル化されておらずかねて待望していた車でありました。
 劇用車としてはスタント用の破壊車、メインの非破壊車としての出番が半々でした。
 セドリックの130・230などは次のモデルが出るとすぐに破壊車に回される事が多かったので劇中に出ると「ああ、これはひっくり返るな」という予想がしやすかったのですがクラウンの場合はあまりそういう事がなかったので事前に予想がしにくく(笑)その意味ではストレスのたまる存在だったのではないかと。

(前回書き忘れていましたがこの型の黒パトで印象的だったのは「太陽にほえろ!」のスコッチ刑事の登場編で派手にひっくり返っていたシーンでした。劇の設定の不自然さと併せて印象に残っています)
DSCN1771.jpg
 モデル自体の出来については依然触れていますのでそれ以上付け加える事もないのですがパトカー仕様という事でかなり印象が違って見えます(笑)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント