FC2ブログ

宮沢の2900

 先日入線の16番中古モデルから。
P6051007.jpg

 宮沢模型の2900形蒸気機関車。
 形式が非常にマイナーな上にプロポーションが独特なこともあって一見すると自由形に見えてしまうロコですがこれでもれっきとした実在の機関車です。

 モデルの初登場は1965年ということですから初期モデルだとすればかれこれ54年ものの16番モデル。何しろKATOの最初のNゲージモデルであるC50と同じ頃のモデルという事になりますから。
P6051009.jpg

 明治期の名機であるB6機関車をベースに先輪を追加して誕生した形式で総勢17両。実は私の故郷の盛岡の機関区にも1両在籍していたそうです。
 2120辺りよりもサイドタンクが長い上にサイドタンク前部に欠き取りがあるせいもあってぽっちゃりとした独特のプロポーション。
とはいえ制式機らしくパイピングやディテーリングは自由形よりも多く凝縮感は感じられます。

 B6ほどスマートではないもののなかなか親しみやすいデザインといえ、レイアウトなどで生き生きするタイプのロコとも言えます。

 走行性は年式を考えるとまあまあ。
 最初は前進は出来ても後進でギアが引っかかりなかなか走らなかったのですが、モーターの搭載位置を調整したら実にスムーズになりました。
 こういう調整がしやすいのが旧式の16番モデルの身上のひとつです(笑)

 走らせて楽しく、飾ってもそこそこ様になる量産16番の小型蒸機というのは意外に少ないと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント