FC2ブログ

16番の小さな貨車たち

IMG_4884~photo

 今回は16番の鉄道模型から。

先日来増備の進んでいる16番中古ですが機関車だけでなく年代物の貨車もいくつか入線させています。

前のユーザーがかなりの年季の入った方らしく機関車だけでなく貨車群も相当のくたびれっぷりですがそこがまた逆に独特の風合いを出しています。
私もこれを飾り物にする気など毛頭無いので整備次第走らせようと思ってはいます。
DSCN6272b.jpg

つぼみ堂あたりのモデルと思われるトとツ、メーカー不明の低床ボギー無蓋車。
つぼみのBテンダーはもとより天賞堂のCタンクとの相性も良さそうです。
DSCN6273b.jpg
DSCN6274b.jpg

トとツはナローにでもありそうな短躯の車体がローカル私鉄っぽいですし、ボギー車も実車が存在していたのかはわかりませんが大昔流行った「ムキ貨車」を連想させる雰囲気があります。

さて、これらに積む積荷ですが、ふと思い立って前に入手していたヴィキングのマスタングコンバーチブルを載せてみました。
昔読んだカラーブックスの「鉄道模型」のフリー貨車の作例に「鉄道会社社長の自家用車の輸送車」という設定のモデルがあったのを思い出したからです。
DSCN6275b.jpg

が真っ赤なマスタングを積んだ姿はどちらかというと「田舎私鉄の社長のドラ息子が山の中から列車を仕立てて街に遊びに繰り出す姿」しか連想できませんw
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

HO貨車

 気になったので私も検索して貨車のメーカーを調べましたがヒットしませんでした。
見る限り初期のHOと言う感じで当初のHOは、やはりアメリカへの輸出も視野に置いた物と言うか国内で少数しか販売されなかった車両も多く謎の部分もあります。
これはミニカーの世界が顕著で1956年のシルバーペットシリーズやラインマー社から委託を受け生産したフォードデリバリーそしてコレクトーイと言った初期のダイカストミニカーも殆ど国内で販売されなかった事例もあります。
ただヤフオクを見て居ると、かなりの頻度で出てくる物もあり恐らく大手の模型店またはデパート玩具売り場でスポット的に販売されたのかもしれません。
私は光山市交通局さんが手に入れたHO貨車は輸出用のモデルと思っています。
初期のHOと言った理由は真鍮地肌の車輪で50年代後半からクロームメッキになった物が多く中にはカワイの様に押し通した所もありますがカツミ、天賞堂、つぼみもHOはメッキ車輪が主流の様に見えます。
ところで私、つぼみの木曽森林鉄道があるんですw
本来なら車体はHOにしてゲージNなのにHOなので広軌?の森林鉄道です。
後に乗工社はエッチング坂シリーズでナロを展開しましたがゲージNと言う所は、つぼみと比べると進歩しています。
ただエッチング坂加工は極度の加工技術と工具が無いと太刀打ちできずファンを獲得するには難しいアイテムです。

Re: HO貨車

> 星川航空整備部さん

 あのボギー貨車は私も初めてまみえた代物で、ネットや書籍で調べてもわからなかった上に車体のメーカー刻印があるでもなし、全くの謎モデルです。

 尤も、走らせて楽しいモデルなのは間違いないので気にしなければ気になりませんが(笑)

 木曾森林鉄道のモデルは9ミリ、10,5ミリ、16,5ミリと3通りの軌間のモデルがあったと聞いています。デザインは私個人的に好みなもので(確か貨車や客車もありましたね)実物を一度見てみたいと思っているモデルでもあります。
 16.5ミリのゲージは見た目はともかく走行安定性はかなり良さそうですね。走らせるモケイとしては非常に好いモデルではないかと思います。