FC2ブログ

大昔のメルクリンHOのセット

 これまでの私のホビーライフでそれまでとは異なるフォーマットへの参入、それは例えばZゲージのスタートといい、16番の再開といい、そのきっかけは「中古ショップで基本セットに出会った事」というのが大きく影響しています。
IMG_5107~photo

 だからというわけではありませんが、今回の出会いも何か運命的なものを感じさせるものがありました。
 先日の平日休の折、行きつけのひとつである地元の中古ショップで見つけた基本セット。
 それは50年くらい前の「メルクリンHO」のそれでした。

 当ブログの読者でご存知の方も多いと思いますが、メルクリンといえば欧州における最大の鉄道模型模型メーカーであり、彼の地ではコカコーラを上回る知名度を誇るとも言われています。
 しかし、一方でAC3線式という独自の集電機構を備えていた事、模型というよりも玩具に近いと思われているコンセプト、加えて1つの例外を除き日本型が出ていなかった事が祟り日本での人気は今ひとつの状態。
 かつては大都市圏のデパートで扱われていた事から当時のセレブ層を中心にそれなりの支持があったと思うのですが代理店の撤退などから入手は勿論、実物にお目にかかる事すら難しくなっている製品であります。
P8101280.jpg

 そんな事もあって、私の地元の中古ショップにメルクリンの製品が並ぶ事自体が一種奇跡のようなものです。ちなみにお値段は4千円と先日紹介した天賞堂の16番Cタンクよりも安価でした。
 それで3両編成の列車とエンドレスひとまわりのレール、パワーパックも付いていますからお買い得感はずば抜けています(笑)

 とはいえ、独自の機構ゆえに店員さんもこの製品の事がよく分かっていなかったと見え「動作確認に直流9V電池を持ち出してきた」のには思わず笑いましたが。

 箱のくたびれ具合、説明書の発行元が当時の輸入代理店だった「不二商」だった事から少なくとも40年以上前のセットなのは間違いないでしょう。
P8101282.jpg

 鉄道模型としては最低限の構成のセットでありメルクリンの特徴の1つであるシステム性の高さを実感しにくいのは確かですが、それでもこれまで未体験だったメルクリンの鉄道模型が体感できるというのはなかなか魅力的です。

 実際の印象については次回以降に。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント